ロマンシング サ・ガ3 ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作はロマサガシリーズの3作目として、1995年11月11日に発売されました。
8人の主人公によるマルチストーリーは初代作をベースにしており、それに前作で好評だった技の閃きや武具開発を加え、さらに「マスコンバット」と「トレード」という充実のミニゲームや、特殊な「コマンダーモード」の搭載など、様々な要素の詰まった集大成的な内容となっています。年代ジャンプがないぶん一見前作よりも素直な構造に見えますが、多彩な要素とそれらが織り交ざるフラグの難解さは前作に引けを取りません。今なお未解明の要素が残る、非常に奥深い一作です。

基本事項

  • Yボタンでダッシュ (デメリットのないエリアは割と多い)
  • Xボタンで外に出る (大抵の建物はこれで出ることができる)
  • 「L + R + START + SELECT」でソフトリセット
  • 戦闘中「Xボタン」でHPとLPの確認
  • 戦闘終了のたびにHP全回復
  • アイテムを捨てるとピドナの倉庫へ入る
  • 仲間を外すのは各町にあるパブにて
  • 再度仲間にできる状況であれば仲間を外すデメリットは特にない
  • 誰でも退却が可能になった (これは結構大きい)
  • 宿屋は技力・術力のほかLPも全回復するようになった (嬉しい)

王冠

  • 技の王冠 = 技 ≧ 45 + 10 x 術
  • 術の王冠 = 術 ≧ 45 + 10 x 技

上記の条件を満たすと、ステータス画面の「技」か「術」の横に「王冠のマーク」が表示されます。
王冠のメリットはそれぞれの消費が1減るのと、技の場合は閃き易さにもかかわってくること。計算式を考慮すると、どちらかに徹したほうが有利ということになります。すべての技を覚えきるまでは役割分担をしたほうがいいでしょう。

防具の表示

本作の防具の性能は「物理防御」と「魔法防御」に分かれており、さらに前作と同じく物理なら「斬・打・突・射」、魔法なら「熱・冷・雷・状」と細かく分類されます。そして、これら数値の横にある「○ 打」「△ 雷」という表示はこれら個々の防御の増減を表しています。

  • ◎ = 表示の約3倍
  • ○ = 表示の約2倍
  • △ = 表示の約半分
  • × = ゼロ

厳密にはもう少し細かいとはいえ、大よそではこんな感じで増減します。なので、例えば「× 熱」は熱防御の上昇がゼロというだけであって、熱に弱くなるわけではありません。
さらに、作中での表示はありませんが、例えば「炎のマント」の熱防御のような「完全防御」も存在し、そのような場合は当サイトでは「☆ 熱」と表記しております。

また、この「炎のマント」のように、防御の補足や特性が作中ではまったく表示されていない防具も多数存在します。すべての防具が伏せられているならまだしも、きちんと表示されているものもあるだけに余計に紛らわしいのです。気になるものは防具一覧にてご確認ください。

ちなみに、シルバーチェイル等にある「△ 貫弓」は表記の揺れであり、つまりは「△ 突射」のことを指します。どうして盾の表記と統一しなかったのでしょうか。同様に、竜鱗の鎧の「○ 熱冷雷」というのも、魔法防御の表示を倍にして「△ 状」とするほうが正しいと思うのですが…。

地相

よくターンの始めに炎やら水やらがポヤーンと浮かぶ演出、あれが地相です。気にしなくてもなんとかなるけれど、意識してみると地味に便利という、本作の地相はそんな存在です。

  • 蒼龍 (演出は風)
  • 朱鳥 (演出は炎)
  • 白虎 (演出は岩)
  • 玄武 (演出は水)

地相の種類はこの4つ。
主な効果はその術の威力が少し強化されるのと、属性の合った装備や術を着用・使用すると毎ターンの最後に最大HPの10%が回復すること。よく四魔貴族やレッドドラゴンがターンの最後にHPを999も回復しやがるのもこの地相の効果なので、別の地相へ変えることでそれを防ぐことも可能です。

  • 術を使用する
  • 一部の技を使用する
  • 一部のアイテムを使用する

地相を変える手段は主に上記の3つ。
基本的にすべての術はその属性へ変化させる可能性があり、中でも玄術の「スコール」は100%の精度を誇ります。反対に技は「双龍破」や「グランドスラム」などごく一部しか効果を持たず、また確率もそれなりなので手段とするには弱いでしょう。アイテムは「火星の砂」と「永久氷晶」がやはり100%の精度を持ちます。
なので、誰かしらに「スコール」を習得させ、「火星の砂」も所持しておけば、大抵の場面は望まない地相を変えることが可能になります。長期戦になるほどこの効果は大きいです。

天相

地相と同様に天相も存在します。

  • 太陽
  • アビス
  • 強アビス (演出は目玉)

天相はこの4種類。地相とは並立します。
基本的な性質は地相と同じですが、こちらはほぼ演出がないためにわかりにくく、また属性を持つ敵もほとんどいないため、正直ほとんど気にしなくていいレベルです。

唯一「強アビス」というのは、ラスボスが「闇の翼」を使ったあとにのみ発生する特殊天相であり、この状況ではアビス属性を持っていないと毎ターンダメージを食らいます。ラスボス戦でアビス属性装備が求められる所以です。

属性

上記の補足的。
地相・天相と合わさると自動回復の発生する装備や術の一覧です。

なお、これらの自動回復は「王家の指輪」や「トロールストーン」の自動回復と被ってしまう点に注意。複数を装備しても回復量が増えたりはしません。ただし「玄武陣」やコマンダーモードの自動回復とは並立します。
また、アビス属性の装備は「HPの回復量半減」という効果を持ちますが、アビス天相下ではこの効果はなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^