ロマンシング サ・ガ3 ‐ 登場人物 (その他)

スポンサーリンク

ゴドウィン

ロアーヌ侯家の血縁の人。
ある意味本作の物語の発端を担う重要人物です。しかし本人自体はそこはかとない小物臭。

ケーン

ピドナ工房の若造。
親方が亡くなって多くの職人が辞めていく中、一人残って工房を盛り返そうとした気概ある人。職人たちが戻ってくると完全に溶け込みます。

3人組

ミューズの周りに集まる子供3人組。
アケにいそうな子がゴンで、女の子がミッチ、丸耳フードの子は名前が不明です。シャールとミューズとこの子ら3人がいると家族に見えなくもなさそうで、シャールも旧市街の人に「綺麗な奥さんですね」とか言われて「な、なにを言っているのだ! この方は…」などと狼狽しながら内心で「もっと言って」とか思っていそうです。

キドラント町長

本作最大の極悪人。
河津さんのツイッターによると、プログラムを見直してみてもお礼や謝罪をさせようとした痕跡は一切見当たらなかったとのこと。仮に本作がリメイクされたとして、こいつをいけにえにできるルートがあったとしたら、多少のリスクを伴ったとしても多くの人が選択しそうです。ちなみにトレードのエージェントでもあります。

ニーナ

キドラントに住むポールの恋人。
主人公たちを助け出したあとでいけにえに選ばれるも、お肉を用意して時間を稼ぐなど、生きることを諦めなかった姿勢は立派です。この娘はポールと協力して村を焼き払うくらいの権利があります。

教授

ツヴァイクの西の森に住む天才変人。3…いや20歳。
自称美人でドット絵も一応可愛らしめですが、ウンディーネ以上に残念美人の素質を感じさせます。直伝のダンスは1回1万オーラム。

ヨハンネス

ランスに住む天文学者。アンナの兄。夜型。
アビスゲートを研究しており、彼にアビスゲートのことを聞くのは結構なイベントの発生フラグになっています。

アンナ

ヨハンネスの妹。
どういう原理か閉じたアビスゲートに応じた最強術を習得させてくれたり、合成術の配置の確認をしてくれたり、オーロラ発生のフラグになったり、男性主人公で本人について聞くと恥ずかしがったりしてくれる人。兄より有能です。

ボルカノ

モウゼスの術士。
ウンディーネとの私的な対立で町を二分する迷惑な人。しかし彼女と共闘して襲ってくる場面では若干ウンディーネよりも格下のように見受けられます。

マクシムス

神王教のピドナ支部のボス。
その正体は元海賊のジャッカル。当時と同じ赤サンゴを身に着けていたせいで、ハーマン(ブラック)に正体を見破られてしまいます。一見アホな話に聞こえますが、こういう犯罪者の油断は案外リアルなのかもしれません。

ルートヴィッヒ

リブロフの軍団長。
どうもあまり良いイメージでは語られない人。基本的に名前のみで姿を現しませんが、唯一マクシムスの正体を見破る場面に登場し、金髪でロンゲというミカエルに似た風貌を確認することができます。マクシムスが正体を現すとき、彼の護衛兵が護るように微動するのが細かいなあと思います。

グゥエイン

ルーブ山地に棲む巨竜。
アビスゲートと四魔貴族の考察を聞く限り、知能レベルはかなり高そうです。というかそもそも竜とはそういう生き物か。ビューネイとの共闘は本作屈指の見せ場。彼の残す「竜鱗」は剣にして誰かしらの最終装備にしたいものです。

ヤン ユーチュン

東方の大将軍。漢字表記は「楊遇春」。
ツァオガオがアビスに染まると投獄され、ヤンファンに向けて「ツァオガオの野望を絶て」とまるで獄死したかのような書状を発します。その後はヤンファンの陽動作戦のマスコン相手として登場します。

ツァオガオ

東方の宦官? 漢字表記は「趙高」。
アビスに染まり、黄京で最後のアビスゲートを開こうと画策する野心家。黄京の頭頂部にてアビスナーガをけしかけてきますが、倒すとアビスナーガと一緒に「ヒぁーーー」と落ちていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^