ファイアーエムブレム 封印の剣 ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「ファイアーエムブレム 封印の剣」は、シリーズの6作目として2002年3月29日に発売されました。
ハードが携帯機に移ったことで「新シリーズ」を銘打ち、既存システムの大部分を受け継ぎつつも細やかな部分が調整され、それでいてキャラクターが初代作をオマージュしていたりと、より「仕切り直し」感の強い新シリーズ第1弾となっています。とにかくバランスの良い秀作です。

ちなみに開発段階でのサブタイトルは「暗闇の巫女」であったとのこと。個人的にはそちらのほうが内容に合っているし、次作「烈火の剣」との微妙な被りも回避できたと思うのですが。

基本事項

  • セーブデータは3つ
  • 「A + B + START + SELECT」でソフトリセット
  • ソフトリセット後、START押しっぱなしで中断ショートカット
  • マップ中「Bボタン」でカーソルスピードアップ
  • イベント中「START」で全体をスキップ
  • イベント中「Bボタン」でそのやりとりのみをスキップ
  • 「力」と「魔力」はクラスによる表示の違いで実質統一
  • 攻速差「4」以上で再攻撃
  • 攻速は「素早さ - (武器の重さ - 体格)」で算出
  • 騎乗クラスに乗り降りの概念はない
  • ザコ敵のステータスは章をやり直すたびに微変動する

オートセーブ

初の携帯機作品ということで、本作にはオートセーブ機能が搭載されており、章の途中でソフトリセットや電源を落としても、自動的に中断の記録が残ります。もちろん、これを利用して結果を吟味するなんてことはできず、戦闘中にリセット等をしてもきちんとその戦闘から再開され、必ず同じ結果となります。

三すくみ

  • 「剣」は斧に強く、「斧」は槍に強く、「槍」は剣に強い
  • 「理」は光に強く、「光」は闇に強く、「闇」は理に強い

本作の三すくみは各「10%」の増減に加え、攻撃力にも「1」だけ影響を及ぼすようになっています。魔法の属性も3つに統一されました。これまでの炎やら風やらはすべて「理」に含まれます。

救出

トラキアの「かつぐ」とほぼ同じシステム。
自身の「救出」が相手の「体格」以上であれば、隣接した味方1人を同行者にすることができます。必要な値が異なるため、徒歩クラスが騎乗クラスを救出することも可能です。その他の特徴は以下の通り。

  • 体格はクラスチェンジと「ボディリング」でのみ上昇する
  • 徒歩クラスの救出は「体格-1」
  • 男性騎乗クラスの救出は「25-体格」
  • 女性騎乗クラスの救出は「20-体格」
  • 同行中は「技・速さ」が半分になるのみ
  • 条件を満たす別の仲間間で「引受け」「引渡し」もできる
  • NPCも救出可能

輸送隊

本作では序盤にマリナスという輸送隊ユニットが加入します。
簡単に言えば紋章の謎のマルスから輸送隊が分離したようなもので、出撃させれば章内でのアイテムの引き出しが可能になります。収容数は100個まで。ステータスも設定されており、敵の攻撃対象にもなりますが、HPが0になっても死亡ではなく退却となるのみです。

ちなみに本作でこのマリナスのレベルを上げるには、攻撃を耐えたときにもらえる経験値の「1」を積み重ねるしかありません。防御面を強化したいにしても、お金を貯めてドーピングを施すほうが現実的です。

盗賊の仕様

  • 「とうぞくのかぎ」で扉と宝箱を開けることができる
  • 敵から「道具のみ」を盗むことができる
  • 索敵マップの基本視界が+5される
  • 14章の財宝を100%発見できる
  • 21章外伝の罠を解除できる

本作の盗賊の特徴は上記5点。
このうち「盗む」は道具限定とトラキアに比べて抑えた性能になり、そのぶん速さも体格もかかわってきません。

ソードーマスターとバーサーカーのクラス特性

この二職は本作に限り「必殺率+30%」というとんでもない特性を持っています。
味方では頼もしいですが、敵として対峙する場合は細心の注意が必要です。上級職は闘技場でも警戒を。

武器レベル

各使用で「+1」、敵の撃破でさらに「+2」と加算され、50を超えるとワンランクアップします。
ただし、下級職では「A」までしか成長しません。神将器は上級職専用ということに。

特効の詳細・補足

  • 騎馬ナイト系 … ソシアルナイト、パラディン
  • アーマー系  … アーマーナイト、ジェネラル
  • 飛行系    … ペガサスナイト、ファルコンナイト、ドラゴンナイト、ドラゴンマスター
  • 竜系     … ドラゴンナイト、ドラゴンマスター、マムクート

それぞれ上記が該当クラスであり、攻撃時に武器の威力が3倍になります。三すくみは素の威力への影響(±3)です。
注意点は「騎馬ナイト系」にトルバドール系と遊牧民系は含まれないということ。魔竜もやはり特別です。また細かいことながら、「ミュルグレ」に飛行系への特効はなかったりします。

状態異常

いずれも5ターンで自然治癒します。急いでいなければバサーク以外は放置でもいいでしょう。
ちなみにバサーク以外は「救出」も可能ですが、同行中は自然治癒に要するターン数は減少しません。

遠距離杖の射程

リブロー、リザーブ、レスキュー、サイレス、スリープ、バサークの遠距離杖の射程やワープの有効範囲は、アイテムの解説だと「1~魔力」となっていますが、実際は「1~魔力÷2+5」で算出されます。小数点は切り捨て。

索敵マップ

索敵マップはトラキアに比べ、まず「敵だけが見えない」という仕様に緩和されました。地形は判別可能。移動中に敵にぶつかると「!」とともに強制行動終了するところや、「状況」で敵の数が確認できる点は同じです。
また、視界の広さも章によって周囲3~9マスの範囲で変わります。盗賊なら+5マス、「トーチ」と「たいまつ」を使用すればさらに+4マスされます。

壊れる壁

  • 耐久値は壁によりけり。最高100
  • 防御力は一律で0
  • 攻撃時はちゃんと武器レベルも上昇する
  • 「リザイア」ならHPも回復する
  • 「イクリプス」なら一気に1にできる

ヒビの入った壁を攻撃すると一定のダメージで破壊できるという、地味に初登場のシステム。
大抵はショートカットの意味合いを持ちます。

占いと評価

RANKエルフィンララム
すばらしいですねうん! 絶好調!
うまくいっているようですいい感じ
いい感じ~
なかなか
よいのではないでしょうか
けっこー
いいんじゃない?
とくに
よくも悪くもありません
よくもなく
悪くもなくって感じかな?
もう少し
努力すべきではないでしょうか
もうちょっと
ガンバらないと!

占いはクリア後に表示される評価の途中経過を知るもので、第12章クリア後の出撃準備から利用可能になります。Aルートならエルフィンが、Bルートならララムが担当します。

  • 戦況全体
  • 戦いの長さ
  • 戦いのうまさ
  • 味方の損害
  • 経験の多さ
  • 軍の資産
  • 軍のつよさ

上記が評価項目。
内容は項目名から察していただければ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^