ファイアーエムブレム 封印の剣 ‐ トライアルマップ

スポンサーリンク

概要

本作のクリア特典のひとつ。
クリア後にセーブできる「エピローグ」のデータがあることで「エクストラ」のメニュー内に出現し、これまでのクリア状況に応じた最大5つのトライアルマップを楽しむことができます。主な特徴は以下の通り。

  • 自軍の状態は「エピローグ」セーブ時のもの
  • 各マップ進撃準備は可能だが、記録と武器屋の利用はできない
  • 出撃数は「ロイの試練」のみロイ1人、ほかはロイ+9人
  • 本編のクリア回数に応じて追加ユニットの使用が可能になる
  • マップのBGMは「ファイアーエムブレム外伝」のアレンジ
  • 各マップのクリアごとに評価が入る
  • データは更新されない。経験値も入らない
  • すべてのマップをクリアしても何もなし

マップ

必殺の谷
ノーマルの22章クリア以上で開放。
ソードマスターとバーサーカーのみという地名通りのマップです。強い剣装備ユニットで山の地形効果を活かせばバーサーカーのほうはほぼ問題ありません。ソードマスターの増援に注意。
豪雨の島
ノーマルの22章クリア以上で開放。
基本視界5マスの索敵かつ、勝利条件が20ターンの経過という防衛マップとなっています。ほぼ包囲された状態で始まり、サンダーストームやらスリープやらが飛んできたりと難易度はかなり高め。
雪の中の防衛戦
ノーマルの終章クリア以上で開放。
同じく20ターンを耐え忍ぶ防衛マップ。しかし初期配置の敵も増援も大したことはなく、難易度は豪雨の島のほうが数倍は上です。
海賊の挑戦
ハードの22章クリア以上で開放。
15ターンまで周辺の砦から大量の増援が沸き続け、かなり熾烈な戦いを強いられます。砦の有効利用を。すべての敵を倒すと最後にレベル20のバーサーカーが出現しますが、こいつは特に強くはありません。
ロイの試練
ハードの終章クリアで開放。
ロイ単身でしか出撃できず、しかも大量の敵に囲まれているというまさに試練なマップ。あらん限りの強い武器を持たせ、早々にいずれのかウォリアーを倒して砦の上に陣取り、向かってくる敵に対応しながら30ターンまでやり過ごしましょう。下手に砦を露にすると大量の増援が出現し、武器が尽きてしまいます。

追加ユニット

クリア回数に応じて以下のユニットが追加されていきます。

敵側や親世代のユニットが使用できるのはもちろんのこと、本編では敵専用であったアイテムが使用できるのも面白い点です。ブルーニャの「リザーブ」はここでのみ登場するレアアイテム。

ここで言う「クリア」は22章での終了も含まれるので、ゼフィールやギネヴィア様を目指すのなら、ノーマルを外伝全無視で繰り返すのが効率的ということになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^