ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣 ‐ マップ攻略 (3)

スポンサーリンク

13章 グルニアのもくばたい

出撃 マルス + 13名
加入 ベック (村)
アストリア (ミディア)
ベックの加入
取得 ナイトキラー (盗賊)
ナイトキラー (盗賊)

SFC版で削られしマップその3。
まずは何よりアストリア説得役のミディアを出撃し忘れないように注意しましょう。中盤で気付いてハッとしないように。

村では待望のディールの要塞・シューターキラーのベックが仲間になります。例の如く石垣から出られないので、大活躍を期するならウェンデル様かボア様にワープを持たせて敵陣に飛ばすのも。敵にも1体だけサンダーボルト持ちが潜んでいます。

14章 かなしみのだいち・グラ

出撃 マルス + 13名
加入 パオラ (⇒ マルス)
カチュア (⇒ マルス)
トロン
宝箱 10000 G (右)
シルバーカード (左)
取得 きずぐすり (盗賊)
きずぐすり (盗賊)
ぎんのつるぎ (ジオル)

マルスの復讐マップ。
目の前の跳ね橋はとうぞくのカギで架けられます。マルスと護衛は西の村へ。村では謎の男から優秀魔法のトロンがもらえます。ボア様の物とのことですが当然渡す必要はありません。

ミネルバ様を仲間にしている場合、5ターン目にボスの左側の海2マスからパオラカチュアが敵増援として登場し、勝手にマルスに寄ってきて仲間になります。

増援はこの2人と同じ場所から同じPナイトx2が、8ターン目から15ターン目まで出現します。ジェイクのレベル上げにもってこいです。

宝箱のシルバーカードは半額で買物ができる貴重品。取り忘れることのないように。

15章 まどうのくにカダイン

出撃 マルス + 15名
宝箱 パワーリング (右)
まよけ (左)
取得 リカバー (盗賊)
サンダー (魔道士)

突然の砂漠マップ。
シリーズの恒例として、魔道士や司祭は砂漠を平地の如く歩けます。

右下に大ボスのガーネフが蠢いていますが、マフー装備なので現段階では手が出せません。8ターン目に去っていくので、宝箱はその後に回収しましょう。

増援は魔道士1体が3ターン目から早くも発生。ガーネフの下から出てくるので奴が召喚でもしているかのように見えます。打ち止めは10ターン。

16章 アリティアのたたかい

出撃 マルス + 13名
加入 アラン (西の村)
サムソン (東の村)
※ どちらか1名のみ
チェイニー (⇔ マルス)
アランの加入 (西)
サムソンの加入 (東)
取得 ゆうしゃのあかし (勇者)
りゅうのたて (ホルスタット)

マルスの祖国解放マップその1。
まずは飛んでくるDナイト3体の攻撃範囲に注意を。弓や魔法でサクッと対抗。進軍ルートは右下の牢屋から向かってもいいですが、どちらにしろマルスは村を訪れる必要があるので、全軍左回りで問題ないでしょう。

喧嘩村のアランサムソンは二者択一。お好みで。ただ、SFC版第2部を考慮するならアランを選ぶのが人情でしょうか。

増援は左上の砦群から、10ターン目にSナイトx2・Aナイトx2・ホースメンx1が、11ターン目にSナイトx2・ホースメンx1がそれぞれ一度きり登場します。マップ左下の道が細くなっている部分で対応するとやり易いです。

牢屋のチェイニーはマルスで話しかけるかかけられるかで仲間になります。レアなコマンド「へんしん」の使い手です。戦力が足りない場合は。

17章 スターロード・マルス

出撃 マルス + 15名
宝箱 ワープ (上段左)
15000 G (上段右)
デビルソード (中段左)
りゅうのたて (中段右)
きしのくんしょう (下段左)
ひでんのしょ (下段右)
取得 とびらのカギ (盗賊)
ウォーム (司祭)
リザーブ (僧侶)
メンバーカード (僧侶)
スピードリング (モーゼス)

マルスの祖国解放マップその2。
増援の量がすごいため、この章はちょっとおいそぎとなります。

まず、部隊を宝を獲る組と玉座を攻める組の2組に分けましょう。宝組は敵盗賊団に先を越されないよう機動力重視で。
玉座組は強力な間接攻撃ができるキャラを2名用意し、マップ右の壁際の貴重品を持つ僧侶2体を「同じターンで」倒すのが理想です。討ち損じると次のターンで上へ逃げてしまうので、その場合は急いで直接倒しに行きましょう。もたもたしていると増援に阻まれてしまいます。

恐ろしい増援はその僧侶たちのすぐ上から、Aナイト・Sナイト・ホースメンという構成で、9ターンからなんと50ターンまで出てきます。大量です。細道を利用すれば対応も可能ですが、武器の補充ができないこの章で相手にすべきではありません。

玉座の後ろのあからさまに怪しい扉は秘密の店。手に入れたばかりのメンバーカードを持って入りましょう。ここでは優秀なトロンがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^