ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣 ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

今やシミュレーションRPGの代名詞とも言えるファイアーエムブレムシリーズの初代作。
発売当初はオーケストラ調の豪華なCMで話題になりました。当時こそ肝心のゲーム画面が一切映らないため「ボコスカウォーズ」のようなものを勝手に想像していましたが、今では冒頭の「超大作」の文字がまったく誇張に感じないシリーズへと成長したのは個人的に感慨深いところです。

しかし、当シリーズが本当の意味でメジャーになったのは、シリーズ3作目の「紋章の謎」から。この初代作と次作「外伝」についてはややマイナーというか、さながら有名アーティストのブレイク前の作品のような印象を受けます。

以下、SFC版を基準にした初代作特有の仕様の解説です。

味方ユニットの数

大きな違いのひとつがこの味方ユニットの数。
SFC版では容量のためか削られてしまった伝説の5人衆の存在があります。

  • タリスの大僧正 リフ
  • 王下七武海八番目の男 ダロス
  • グルニアの巨壁 ロジャー
  • 軟派な色男 ジェイク
  • ディールの動く要塞 ベック

せっかくなので、本作をプレイするならこの5人を率先して使ってみることをおすすめします。ほか、最終章ではガトー様もユニットとして使用可能です。司祭のくせに守備力15とかあります。

章の数

こちらも重要な変更点。
同様に容量の問題で削られてしまった5つのマップがあります。

  • 4章  そうげんのたたかい
  • 9章  ペラティのかりゅう
  • 13章 グルニアのもくばたい
  • 18章 グルニアくろきしだん
  • 21章 けっせん マケドニア

以上の4つが該当マップ。SFC版しか知らない人なら新鮮な気持ちで挑めること請け合いです。
中でも21章は暫定最高の難易度で、ドーピングアイテムの秘密の店もある大変重要な章となっています。SFC版でも残ってほしかったものです。

出撃準備

可能なことは「各ユニットのLVとHPと持ち物の確認」のみで、アイテム整理やお店の利用、位置の入れ替えといったことはできません。また、仲間がいる限り規定人数以下での出撃も不可となっています。

アイテム所持は4つまで

武器欄と道具欄には分かれておらず、司祭であっても魔道書と杖を含めて4つまでしか持てません。

輸送隊ではなく預かり所

輸送隊は存在せず、持ちきれないアイテムは各章に存在する預かり所に預けることになります。最高40個まで。宝箱や敵のドロップで持ちきれない場合は預かり所に飛ばすことができますが、買物中に利用することはできません。

戦闘情報はメーター表示

戦闘中の情報は「命中率・攻撃力・守備力」の3点が「メーターで」表示されるのみ。必殺率は表示されません。

クラスチェンジ

  • ソシアルナイト ⇒ パラディン
  • ペガサスナイト ⇒ ドラゴンナイト
  • 傭兵      ⇒ 勇者
  • アーチャー   ⇒ スナイパー
  • 魔道士・僧侶  ⇒ 司祭
  • アーマーナイト ⇒ 将軍(ジェネラル)
  • ハンター    ⇒ ホースメン

レベル10以上でそれぞれのクラスチェンジアイテムを使用する点は同じですが、アーマーナイトと将軍 (ジェネラル)、ハンターとホースメンの関係は本作では成り立たず、それぞれ転職とは無関係のクラスとなっています。
また、クラスチェンジ時のステータスボーナスはなく、そのクラスの基礎値に達していないものだけ底上げされる仕様です。詳細はクラス基礎値をご覧ください。

ナイト系

騎乗クラスには「おりる」の概念がなく、屋内戦であっても騎乗したまま戦うことができます。また、騎乗時でも剣を扱うことができ、SFC版より万能度が高まっていると言えます。同様にアーマーナイトも剣が扱えますが、逆に将軍は槍が扱えず、剣でもなぜかサンダーソードだけ使用不可となっています。

魔道書の威力

力=魔力と換算されるわけではなく、攻撃力は魔道書によって固定です。敵の魔法防御もほぼ、というか恐らく全員ゼロなので、ダメージも固定ということになります。要するに魔道書の性能に依る部分が非常に大きいため、このお陰でリフによるガーネフ撃破が可能になります。

僧侶の経験値取得方法

杖を振るってではなく、敵の攻撃を耐えるとその敵と同じ経験値が入るというマゾ仕様になっています。うまく砦の上で盗賊に攻撃され続ける状況にするのが手っ取り早いです。

シューター

先のジェイクとベックが削られた一番の理由はこれ。
SFC版では固定の敵専用職でしたが、本作では移動可能な通常ユニットとなっています。性能的にはアーチャーとアーマーナイトを足したような感じで、移動力は全ユニット中最低の4。しかし最強武器のエレファントは、グラディウスやパルティアらの神器と同等の威力を誇ります。これはもう使うっきゃありません。

マムクートと竜石

SFC版のような変身制ではなく、剣や槍と同じように竜石を武器として使用する感じになります。回数は無限です。ただし、攻撃力も通常武器と同じ扱いであり、守備力を無視するようなことはありません。また、竜石自体に守備力を上げる効果があるためか、マムクートはレベルアップで守備力が上がらない仕様になっています。

宝箱と敵盗賊

敵盗賊に宝箱を奪われた場合、SFC版ではその盗賊がマップから離脱する前に倒せば回収可能でしたが、FC版では宝箱を空けられた時点で消滅、回収不可となります。その代わり、敵盗賊が勝手に扉を開けることはありません。

増援の仕様

まず、基本的にメッセージでの表示はありません。突然出現します。
また、増援の出現ポイントを塞いだ場合、SFC版では次のターンに持ち越しでしたが、本作の場合では消滅します。例えば5~7ターンの間だけ増援が出るポイントがあるとして、その間にそこを塞ぐとしますと、SFC版では増援の出現が8~10ターンに持ち越されるだけでしたが、本作ではもう出てこないということです。

敵の同時出撃最大数

一度にマップ上に出れる敵の数に制限があるようで、ボス在住時は20体、ボス撃破時は19体が最大数になります。
これを利用して敵を最大数いっぱいにしておけば、章によっては増援出現ポイントを塞がずに増援出現ターンをやり過ごすことが可能です。8章や17章、18章なんかは有効かもしれません。

アイテムいろいろ

  • ナイトキラーにパラディンへの特効がない
  • ファイヤーガンに飛行系への特効がない
  • ウォームは通常射程の魔道書。命中は低いがオーラに次ぐ威力
  • メリクルはマルス専用かつ、レベルアップ時の数値の上昇という効果
  • ほしのオーブは武器の耐久が減らないのみ。成長率への影響はない
  • ひかりのオーブは敵の地形効果を無視するのみ。必殺や特効を無効化はしない

メリクルの正確な効果は「レベルアップ時のステータス上昇の+1が+2になることがある」です。そこまで頻発するわけではありませんが、運が良ければ「力・運・守備力・HPすべて+2」とかにもなります。

闘技場の仕様

シリーズの主流とは仕様が異なります。武器が持ち込めるのは新鮮ですが、総合的には大変厳しくなっており、余程の熟練者でない限りは控えるのが賢明です。詳しくは闘技場の項を。

顔グラフィック

当然ながらSFC版とは大きく異なります。
まず目立つのは使い回しの多さ。シーザとラディ、ナバールとミシェイルは双子で、ゴードン・ウルフ・ザガロ・トーマスに至っては4つ子です。そのほか、マルスは根暗でアベルは出っ歯でオグマはジャングルの王者で、アストリアは堂本光一でチェイニーはキャッツアイで、ミシェランとトムスはぬけさく先生を彷彿とさせます。

ほとんどのキャラが劣化している中、マチスだけがSFC版より凛々しい顔をしています
ビラクと双子ですけれど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^