攻略チャート3 ‐ 桃太郎伝説ターボ

スポンサーリンク

ほほえみの村

村人たちのダジャレを適当に聞き流し、右上のひとりでも仙人の家で10000両を払って「ほうひの術」を習得しておきましょう。正直痛い金額ですが、「リュウのくびかざり」を取り返すのに必須となります。お金が足りない場合はすずめのお宿4のつづら屋で金策を。また、近辺に出没する「ふくのかみキング」は所持金を倍にしてくれます。

ちなみにこの近辺に現れる変な敵たちは、微妙に当時の情勢を反映していたりします。
例えばファミコン版では「あかおにホーマー」という敵がいて、これは当時ヤクルトにいた「赤鬼」という愛称の外国人選手「ボブ・ホーナー」をもじって登場させたものなのですが、本作の頃にはもう退団しており、また適当な外国人選手が見当たらなかったのか、「きよはらだし」という敵にかわっています。
また、「ユキだるま」という敵は斉藤由貴さんのことである、ファミコン版では「スピーディーシャンプー」のCMに出ていた頃のせいか「朝シャンしてる?」という質問をしてくるのに対し、本作の頃は「夢の中へ」というカバー曲がヒットしたことで「さがしものはなんですか みつけにくいものですか?」と聞いてきます。

適当に楽しんだら、次は南下して希望の都へ。

希望の都(20段)

ファミコン版と違って初訪問時は鬼に支配されています。人に話しかけても走り去ってしまい、お店はほとんどやっておらず、唯一営業している宿屋も1000両も取られます。

ボスは中央の塔に。あからさまなスイッチを調べ、押して、引いて、回すと道が伸びます。エンカウントはなし。2Fの変な橋は右から4番目が正解です。6Fでいばらきどうじと戦闘へ。

いばらきどうじ

通常攻撃と「きんたん」しかしてきません。普通に戦えば強敵ですが、「ろっかく」数発でいけると思います。

撃破して外に出ると、平和な都に戻っています。

ここでは「わらじ」を元にわらしべ長者な物々交換を行い、最終的にかぐや姫の宝の1つ「キンいろのけがわ」を入手するのが大目的。手順は下記の通りとなります。一度ほほえみの村に行く必要もあり。

  1. 宿屋の右上にいる人に「わらじ」→「ものほしざお」
  2. 一番左上の畑にいる人に「ものほしざお」→「なっとう」
  3. ほほえみの村の宿屋の上にいる人に「なっとう」→「きんぎょ」
  4. 中央左にいる人に「きんぎょ」→「みずあめ」
  5. 兵具屋の右上にいる人に「みずあめ」→「とうふ」
  6. といち屋の左にいる人に「とうふ」→「キンいろのけがわ」 ※ 2回目以降は「すずめのなみだ」

ちなみにファミコン版の入手方法である「料亭でフグの毒に当たる」のお詫びはうちでのこづちになっています。本作ではフグの毒が必中のため、要するに7000両でうちでのこづちが買えるということに。

ほか、ふうりんで微妙なお金稼ぎができたり、簡単に女湯を覗けたりします。なお、ちょくちょくスリの銀次も見かけますが、ここではまだ捕まえることはできません。

次は、やや東から北上し、再びの雪原にあるすずめのお宿5へ。なお、途中の毒の沼地の中央付近を調べると、ぶんぶくちゃがまという20000両で売れる道具を発見できます。

すずめのお宿5(22段)

つづら屋はなぜか賞品がランクダウン。
次は、ここから西にいる10体の並び地蔵たちの願いを叶えてあげる必要があります。各お地蔵様の所望する品は以下の通り。左から記載しています。

  • きびだんご
  • おにぎり
  • きもの
  • ほうひの術
  • おまんじゅう
  • かたな
  • にほんしゅ
  • すずめのなみだ
  • サングラス
  • もものみ

特別面倒な物はないと思います。「にほんしゅ」と「サングラス」は希望の都の雑貨屋で、「すずめのなみだ」はつづら屋で適当に。「サングラス」は3種どれでもOKです。
その後、現れた洞穴の中で面倒なゲームを終えると、かぐや姫の宝の1つ「ホウライのタマ」の入手となります。「あまのじゃく2」がいい感じに邪魔してくるので負けずにがんばりましょう。

また、この並び地蔵たちの付近の森は「びろーんの森」と呼ばれており、ほぼ「びろーん」しか出現しません。こいつは「しゃくねつのゆみや」で簡単に倒せるうえ、経験値も美味しいという本作屈指の稼ぎポイントです。今後の激戦に備え、ここで段を上げすぎ?というくらいまで上げておきましょう。多分それでも足りませんので。

次はすずめのお宿5を南下し、鬼の爪痕の手前を東に進んだところにあるまんきん仙人の庵へ。

まんきん仙人の庵

修行内容は長い長い話を聞き、その後の問いで仙人を疑わないこと。最後の問いは「いいえ」が正解なので、適当にボタンを連打していると失敗します。成功で待望の全回復「まんきんたんの術」の習得となります。

次は、南西の鬼の爪痕にあるすずめのお宿6へ。鬼の爪痕では盗みを得意をする「クロガッパ」が出現するため、道具とお金はすべて預けておくのが無難です。

すずめのお宿6

つづら屋うちでのこづちが狙いやすくなっています。
鬼の爪痕はここから東へ進めば抜けられます。その先のすずめのお宿7へ。

すずめのお宿7

つづら屋ぶんぶくちゃがまが登場。
さらに南に進み、さるかにの村へ。

さるかにの村

村人がウスやハチに変えられています。ボスのやまんばは中央付近の赤い屋根の家に。

やまんば

高確率で早々に首を攻撃されて術が使用不可になります。回復は「こうがしゃのタマ」を幾つか用意したいところです。

撃破後、村人は1名を除いて元の姿に戻ります。
左上の易者の家では大会が催されており、スリの銀次が紛れ込んだということでわたわたしています。変装している銀次に向かって「ほうひ」を使えば観念し、ようやく「リュウのくびかざり」が戻ってきます。

また、易者に占ってもらうとサルが南にいることがわかります。毒の沼地を越えた最南端のお地蔵様の下にある1本のマツを調べ、サルをお供に加えましょう。きびだんごを忘れずに。次は東のだだぢぢ仙人の庵へ。

だだぢぢ仙人の庵

修行内容は、飛ばされてもめげずに仙人を訪ね直すこと。4回目の訪問で、10回連続攻撃に性能変更された「だだぢぢの術」の習得となります。次は西にあるじゃこつばばの洞穴へ。

じゃこつばばあの洞穴

B2は落とし穴だらけ。すぐ下の階段へは一歩左から回りこんで向かいましょう。一応、右側にせんにんのかすみがありますが特に取る必要はなく、下に落ちても何もありません。

B3におじいさんとおばあさんがいて、おじいさんの問いに「はい」だと桃太郎の家まで戻されます。「いいえ」でじゃこつばばあと戦闘へ。

じゃこつばばあ

大蛇を巻きつけてきますが、「だだぢぢ」で問題ないと思います。

撃破後、船の前でサルに命令すれば「愛と勇気の国」へと渡れます。すぐ北西のすずめのお宿8へ。

スポンサーリンク