その他の登場人物 ‐ 魍魎戦記MADARA2

マダラ(摩陀羅)

前作の主人公。
今作ではメイン2人のご先祖様という立場になります。登場は序盤のみ。

キリン(麒麟)

前作のヒロイン。
同じく今作ではメイン2人のご先祖様。こちらは終盤に再登場します。

サクヤ(開耶)

どこかのお姫様。
オープニングで陰鬱な表情を晒しているのはこの人。初めて異世界に行くかみしろを適当な所に単身で降ろしたり、部下の管理が行き届いていなかったりと、割と適当です。

サリア

記憶喪失のカラ(カゲオウ)と暮らしている人。
彼がどこかへ飛ばされたあとも単身でモウキを撃退していたらしく、そこそこの腕はある模様。

ジャト(邪兎)

前作でもお馴染みのウサギのモウキ。
今作でもなかなか戦うことができずもどかしい思いをさせられますが、ようやく戦える頃にはそれほど憎くはなくなっているという、それはそれでやっぱりもどかしい思いをさせられます。

ラーダ

シュナという人を捜している女性。
そのシュナは残念ながらすでに他界してしまっていますが、本人はコーサラでの難を逃れ、ロウラン国のホウトンの町の寺院でゲンエンの手伝いに勤しむことになります。

タタラ

コーサラ王国に勤めている老人。
同じくコーサラ王国での難を逃れ、後半に砦を構えて再登場します。

ジョフク(徐福)

ロウラン国で一番頭が良いとされている人。
石版の使用順や、一部の魔法を教えてくれたりします。ちなみにヤワト国にも別のジョフクさんがいます。

ビビーシ

ランクァ国の女王。前作主人公じゃないほうのマダラの妹。
誠実そうで人気のある女王様でありながら、ややブラコンの気質を持ちます。

マーフ

ファースィー王国の王女。
お忍びで遺跡に忍び込んだり、こちらを挑発したりしてくるじゃじゃ馬ですが、器量は良い模様。

こうがさぶろう(甲賀三郎)

ヤワタ国で登場する忍者っぽい人。
物語の核心に迫る情報を持っていそうに見えて、唐突に舞台から姿を消します。

サズチ

最果ての城で待っている人。
ユイマン国へ行くための石版の使用順を教えてくれます。後の古い神社の村でも再登場。

スポンサーリンク