攻略チャート (4) ‐ 里見八犬伝

スポンサーリンク

りくちゅうのむら

記憶喪失のお坊様がいたりしますが、現時点では情報のみ。次は「ほくせいのどうくつ」へ。

ほくせいのどうくつ

ここでも2つのワープ鏡があり、下のほうが「しなののむら」の中央にあった五右衛門の家に続いていて、奥さんの紫さんに言われた通りに木の下を調べると「ますたあかぎ」が見つかります。上のワープ鏡はハズレ。

次は「りくちゅうのむら」まで戻り、もっと北西にある関所を抜け、結構進んだところにある「むつのてら」へ。

むつのてら

1Fに4つある下り階段は左下が正ルート。最深部で即身仏となってしまった角太郎と話し、目の前を調べると「かめのこうら」が見つかります。「かわちのむら」へ戻りましょう。

かわちのむら

ボケ治しの樹の老人に「かめのこうら」を見せて通してもらい、樹の下で「きおくのたね」を入手したら「りくちゅうのむら」へ。

りくちゅうのむら

千兵衛に「きおくのたね」を持って話しかけると記憶を取り戻し、「ここから西にある2本の川に挟まれた木の下」に珠を埋めたことを教えてくれます。その場所を調べれば8つの珠の最後の1つ「れいのたま」を入手。ちなみにこれも場所さえ知っていれば入手可能だったりします。

次は「かまくらのむら」の東の渦に「よしさだの刀」を使って陸地を架け、その先の「ふせひめのどうくつ」へ。

ふせひめのどうくつ

8つの珠が揃っていれば、B1の祭壇にて伏姫が現れ、奥に階段が出現します。

ここではまず、全員220もの攻撃力が上がるらいこうのやを取り忘れることのないように。総合的に本作最強武器と言っていい性能です。B4の左下の宝箱に入っています。
また、ここに出現する「がんくつおう」という敵は、全員にとっての最強鎧であるいのちのよろいを落とします。全員分とはいかなくとも、1つ2つは入手できるまで粘ってみるのもいいでしょう。

洞窟を抜けたら、北東に進んで「あわのむら」へ。

あわのむら

若干滅ぼされ気味な最後の村。特にイベントはなく、買い物も特に必要ないと思います。お金が余っているのなら、ここよりも「ひだのむら」の?看板の万屋でしんらんのたま等をたくさん買っておきましょう。

次はいよいよラストダンジョン、南西の「さとみのしろ」へ。

さとみのしろ

ここに出現する「むねんどうし」は、信乃と道節の最強武器であり、ほかの2人も大きく攻撃力の上がるひかりのけんを落とします。1本は粘りたいところでしょうか。
宝箱からはさとみかぶとさとみのよろい妖刀むらさめという最高クラスの装備も手に入りますが、敵からの入手状況次第では兜のみで十分かもしれません。

また、ここはラスボスに行くまでの1~3Fにて中ボスが待ち受けます。
まずは1Fの中央付近でめきらおうと戦闘へ。

めきらおう

攻撃力はそれなりも、全体に200弱のダメージを与えてくる「いかずち」の術が厄介。「さいみんふう」も使ってくるため、現八が眠らされるようだと非常に厳しい展開になるでしょう。

続いて、一旦3Fまで上がってから下がっての2Fの右側でらいじんと戦闘に。

らいじん

攻撃や「らいこう」はともかく、全体に300強のダメージの「まくうは」が強烈です。ただし状態異常がないぶん、「ぜんたいちゆ」と幾つかの「しんらんのたま」があれば、めきらおうよりは戦いやすいと思います。

さらに3Fの中央でかえんりゅうと戦闘です。

かえんりゅう

全体攻撃の熱風は約200ダメージですが、使用頻度が高い気がするので、現八はもう毎ターン「ぜんたいちゆ」でいいかもしれません。どうでもいいですがこちらの「かえんりゅう」の術は普通に効きます。

ここまで撃破したら一旦セーブに戻るのもいいでしょう。上の3体はセーブ&ロードを挟んでも復活しません。
そして5Fの禍々しい間にてたまずさとの決戦へ。

たまずさ

通常攻撃に「らいこう」「いかずち」と、これまでのボスと変わらぬレベル。ただしこのあとラストバトルへは連戦になるため、HPはできれば全快に近い状態で撃破したいところです。

撃破後、突然現れるしゅらまじんとのラストバトルへ。

しゅらまじん

強烈な攻撃力と「いかずち」「まくうは」を使い、防御力も高いという圧倒的なラスボス。道具が充実しているのなら現八はもう毎ターン「ぜんたいちゆ」を使い、ほかの3人で攻撃と「しんらんのたま」を繰り返しましょう。

撃破でエンディングへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^