基本事項 ‐ 貝獣物語

スポンサーリンク

作品概要

ナムコから発売されたファミコンのRPG作品。火の貝の勇者として異世界から召喚された少年と、貝獣島からやってきた大気・水・大地の貝の勇者である3匹の貝獣が、大魔王ファットバジャーを倒すために奮闘します。
パッケージが大きく、カセットのほかに主人公たちのフィギュアや全体マップに、「涙の密書」という封書が入っていて、ゲームと付属品を連動させる試みは当時にして斬新だったと思います。

基本事項

  • セーブデータは1つのみ
  • セーブは町中の「目覚めの部屋」のほか、クピクピの特技でも可能
  • VP=バイタルポイント=要するにHP
  • 同じホテルでもサインするキャラによって価格が変わる
  • 装備品は強制装備。下取り形式でしか売ることができない
  • コマンド「ばしょ」はフィールドのざっくりとした座標を表し、付属のマップと照らし合わせるもの
  • 戦闘はこちら側か敵側のどちらかが必ず先に全員行動する
  • 敵は目の前のキャラを優先的に攻撃する
  • 敵は攻撃対象が複数いる場合、同じキャラを2ターン連続で攻撃することはない
  • コマンド「まもり」はほぼダメージを受けない
  • 敵は残りVPが少なくなるとグラフィックが瀕死状態のものになり、攻撃力も若干低下する
  • 毒は1歩ごとダメージを食らううえ、攻撃力も半減する。名前も「どく」になってしまう
  • 扉は一度開ければセーブ&ロードを経由しても閉じることはない
  • 溶岩は1歩14ダメージ。入ったときではなく出るときに食らう

初期配置と合流

主役の4名の貝の勇者は、それぞれ大陸の四隅にあるお城からスタートし、「パス」コマンドを行うことで操作を切り替えることができます。まずはこの4名を合流させるのが最初の目標となります。
合流は隣接して「はなす」→「あう」とすればOK。一度合流しても、「はなす」→「わかれる」とすることで再び離れることも可能です。

本作のバランス

この時期のRPGの例に漏れず大変厳しいです。特に厳しいのが中盤以降の獲得経験値の驚異的な伸びなさで、敵がどれだけ強くなろうとも、4人での等分ではせいぜい20前後までにしかなりません。下手に強い敵と戦うよりは、楽に倒せるエリアで延々と戦うほうがまだ効率的という気だるい稼ぎが求められます。

ただ、そんなバランスを考慮してかそれとも単なるミスなのか、本作のボス戦は大半が回避可能です。ボス戦は厳密には特定のマスに侵入すると出現するタイプと、シンボルが存在するタイプがあるのですが、前者は「にげる」や「エスケープ」をすることで、後者は「ラッキーベル」を用いることで、楽に回避できてしまいます。レベルが伸びない故のザコ戦の熾烈さを考慮すると、これはこれでバランスが取られているのかもしれません。

サイフを落とす敵

特定の敵構成はほぼ必ず「サイフ」をドロップし、通常よりも多めのパールが入手できます。これらの構成を把握して積極的に狙っていくのが攻略の近道になるでしょう。詳細はサイフを落とす敵をご覧ください。

悪魔の罠

主に大陸間を繋ぐ通路などでは「悪魔の罠」というミニゲームが発生します。
早い話が簡易的なシミュレーションRPGであり、仲間を個別で1歩ずつ移動させ、敵とぶつかればタイマンバトルが発生し、敵側のボスを倒せばクリアとなります。基本的に難しい要素はありませんが、ラストダンジョン直前のものだけは後半の敵が登場する上級バージョンになっており、こちらはさすがにそこそこの難易度となっています。

また、とある条件下のみ、町から出るときに唐突にこの後半のほうの悪魔の罠に突入するバグが発生することがあります。詳細は裏技・小ネタをご覧ください。

ヤドカリ戦法

本作の難易度を下げる有名な戦法。
本作の「まもり」の鉄壁さと、敵の「同じキャラを連続で攻撃してこない」特性を活かし、最初のターンは全員で「まもり」、次のターンからは前のターンに攻撃されたキャラのみが攻撃、という行動を繰り返せば、どんなに力差のある敵でもほぼ被害なく倒すことができます。敵が2体の場合は2人ずつ分かれて行うことで、3体の場合は1体を2人でヤドカリ戦法、ほかの2体は残りの2人が目の前で「まもり」をすることで、実質被害を抑えることができます。

ただし、もちろん効率が良いはずもなく、頼って進むほど長引く戦闘が増え、結果的に遠回りとなります。モビービックのようなどうしても早めに倒したい敵や、非常時にのみ活用するのが望ましいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^