シャイニング・フォース 神々の遺産 ‐ 第8章 浮上した古代の城

スポンサーリンク

ルーンファウスト

加入 ハンゾウ (要発見)

まず、入ってすぐ上の木を調べるハンゾウが仲間に加わります。

ダークソルが去ったことで、町は落ち着きを取り戻しています。
お城で賢者マハト様とお話し、町の左下から新しいルーンファウスト城へ。

ルーンファウスト城

入るなりダークソルが現れます。
ダークドラゴンの復活が近いせいか、普段よりもテンションが高めで饒舌です。

バトル26

取得 アトラスのおの (左の宝箱)
ハルバート (右の宝箱)
アトラスのおの (ブローバー)

まずは初登場のキメラ4体との戦い。こいつらは攻撃力が高く炎も吐いてきたりしますが、何よりも回避率がめちゃ高いのが厄介です。もうふざけんなってくらい避けます。魔法を中心に対応しましょう。

他、上のほうには同じく初登場のブルードラゴン等がいますが、こいつらは基本動かないので楽勝です。
なお、ブルードラゴンとホースマンの近辺にある小型ドームのようなものを挟んでの間接攻撃はできない模様。

バトル27

連戦でラムラドゥとの対決へ。
先の戦闘の小型ドームのようなものが割れ、トーチアイとプレインメタルが6体ずつ登場します。

恐らく本作最高の稼ぎマップです。敵との距離が非常に近く、先制さえできればボーナス感覚で攻めることが可能です。
ただ、逆に言えばこちらの敏捷が低いと開始早々ビームの連発で半壊させられます。せめてトーチアイの敏捷「27」を上回る面子を揃えましょう。

ラムラドゥはお前それ絶対「せいじゃのつえ」じゃないだろという何かを振り回し、93という攻撃力的にも何より見た目的にも近寄り難い危険人物。手前の階段を上がると動いてきます。一撃を耐えられるユニットで。

東門

ラムラドゥを倒すと、ルーンファウスト城の左隅に下り階段ができていますが、その先の東門の扉は閉じられています。
マハト様に話を聞き、西の岬でカオスブレイカーを使うと古えの城が海上に浮上し、東門が開かれます。実はマハト様に話を聞かなくてもOKです。

バトル28

宝箱 かくちゃん (隠し)

伝説に聞くコロッサスとの戦闘。
開始早々に狭い道を進もうとするとキメラとブルードラゴンに挟撃されます。キメラもブルードラゴンもある程度近付くと向かってくるタイプなので、広めの初期位置で右側にかたまって引き付けて対応したほうがやりやすいと思います。

3体のコロッサスはそれぞれブレイズ、フリーズ、スパークのレベル3までを持ち、ブレイズが右下、フリーズが左下の一定の位置に陣取ります。片方だけを攻めるで問題ないでしょう。スパークさえ倒せばクリア。なお、すべてのコロッサスは割と積極的に動いてきます。

隠しアイテムのかくちゃんは左上の崖部分、フリーズのコロッサスが落ち着いた位置から上に2マス、左に4マスのところを調べると発見できます。

バトル29

ついにダークソルとの対決。
これまた中央の道を進もうとするとトーチアイに挟撃される構造ですが、左右の道は結構な遠回りであり、また中央の道も3マスを一気に渡ってしまえば攻撃を受けることもありません。中央を丁寧に強行突破するのがいいでしょう。

ダークソルは移動をしませんが、射程3中範囲のデーモンブレスを使ってきます。ダメージは30弱。周りの敵を蹴散らす際に範囲を重々に気にしましょう。HPは150ほど。ダークソルを倒せばクリア。

バトル30

連戦で突入するダークドラゴンの3本の首とのラストバトル。こちらも初期位置が軽く3部隊に分かれています。
まずは邪魔なブローバーから片付けたいところですが、こいつらは初期位置のワープゾーンのような所から何度も湧き出るうえ、しかもこの位置は左右のダークドラゴンの射程内になってしまいます。なので、中央の部隊の面々は開始早々に左右どちらかの部隊と合流し、ブローバーを倒し、塞ぎ、左右の首を攻めるという流れが順当かと思います。

左右のダークドラゴンは通常攻撃とブレイズ3、フリーズ2、スパーク2に加え、スパーク4とソウルスチル2という大変危険な魔法も使ってきます。特に敵専用のソウルスチル2は中範囲の即死という恐ろしい性能です。幸いこれらの使用頻度はそれほど高くないので、多少の被害はオーラ4、なければめぐみのあめで回復すると考えてガンガンに攻めましょう。HPは240ほど。

中央の首は通常攻撃もしてきますが、大抵は射程3大範囲のデーモンブレスを吐いてきます。しかし左右の首を倒したあとなら落ち着いて戦えるはず。HPは280ほど。最後は必ずカオスブレイカーを装備したマックスで止めを刺しましょう。いや必須事項ではないのですが、ちょっとした演出がありますので。

なお、ここでリターンを使った場合、バトル29からのやり直しとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^