仲間 ‐ ファンタシースター2 還らざる時の終わりに

スポンサーリンク

ユーシス

本作主人公。エージェント。
10歳のときに事故に遭い、両親を亡くすという重い過去を持ちます。健康な身体と幅広い知識を持つとのこと。就寝時は、少なくとも上半身は裸のようです。
主人公らしく両手剣が主武器となりますが、ミスの多い本作だけに、中盤頃はアイテムでの全体攻撃のほうが安定するかもしれません。また、攻撃系のテクニックを最も多く習得するのも彼だったりします。

ネイ

ユーシスの妹的存在。無職。
人間とモンスターの細胞を掛け合わせた存在であり、ネイという名は「人間にして人間に非ず」という意味を持つとのこと。その出自ゆえに人間に虐げられていたところ、ユーシスによって保護されます。
成長が早いという設定はレベルアップの速度にも反映されていて、素早い2回攻撃が切り込み隊長として頼りになります。最初からレスタが使用できるのも嬉しい点。

ルドガー

本名ルドガー・シュタイナー。ハンター。
以前は軍に所属していたところ、何があったか妻と娘を失い、ハンターになったとのこと。20代中心の仲間の中で一人だけ30代であり、厳格で落ち着いた雰囲気を持ちます。
パーティーでは重火器系の武器を担当。ネイを除けば最初に加わる仲間であり、またネイショットの存在もあって、そのまま最後まで使い続けるパターンも多いのではないかと。

アンヌ

本名アンヌ・サガ。医者。
医者を名乗ってはいるものの、学校を卒業したばかりでもあるとのこと。平均的な家庭の出だそうなので、努力家であることが伺えます。いや、この世界の医者がどのような位置付けかわかりませんけれど。
パーティーではもちろん回復を担当。すべての回復系と一部の補助系テクニックを習得し、パーティーの安定感を向上させます。武器は持たずに盾を両手持ちし、攻撃はストームギアなどのアイテムで行うのが定番です。

ヒューイ

本名ヒューイ・リーン。学者。
正確には生物学者と思われます。幼い頃より動物や植物に親しみ、そのまま学者にまでなったというファーブルみたいな人。ネイのことはどう捉えているのでしょうか。
パーティーでは対生物のスペシャリストで、それ系の専用テクニックを多く習得します。が、クセがあるのはやはり否めず、定番のメンバーを退けてまで使用するのは難しいかもしれません。

アーミア

本名アーミア・アミルスキー。カウンタハンター。
悪いハンターにはあの世に行っていただくという、要するにハンターのハンターのようなものでしょうか。銃火器系を嫌っているようなので、ルドガーとは何かと相性が悪そうです。
しかし、パーティーでは中盤以降ルドガーとともに攻撃を担当するのが定番。主武器のスライサーがグループ攻撃なので、特にグループで出現する敵に対して効率を発揮します。ネイスライサーももちろん彼女専用。

カインズ

本名カインズ・ジ・アン。ジャンク屋。
機械を組み立てようとしても壊してしまうことからジャンク屋になったという、天性のジャンクの才能を持つ人。ツナギのような服装が非常に似合っています。本人曰く紳士でもあるとのこと。
パーティーではヒューイと対をなす対機械のスペシャリストといったところ。アメダスの攻略直後など、機械系の敵しか出ない場面もありますが、それでもやはり定番メンバーに取って代わるのは難しいでしょうか。

シルカ

本名シルカ・レビニア。泥棒。
良い家柄のお嬢様なのに、スリルを求めて泥棒になってしまったとのこと。「風のシルカ」を自称し、何者にもとらわれないことを信条としています。やや中二気質ありか。
パーティーでは戦力云々よりも、得意の盗みで貢献します。特にどこでもセーブできる「ビジフォン」の入手はもはや必須のレベル。中盤は金策に、後半はスターアトマイザーの調達でもお世話になります。逆に戦力として使おうと思ってもこの特性が厄介となりますが、アイテム欄をいっぱいにしておけば回避が可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^