その他の登場人物 ‐ ファンタシースター2 還らざる時の終わりに

スポンサーリンク

総督

モタビアの総督。
ユーシスの上司であり、マザーブレインに全任された世であっても不可解な部分はきちんと調査をしようとする公正な人物と思われます。が、その土気色で精気のない顔グラから、初回プレイではすでにマザーブレインに操られていると思い込んでずっと警戒していました。

友達

ユーシスの友達。
パセオのコントロールタワーに住んで?おり、本作の預かり所を担当してくれます。ややカミーユ似。後方には彼女か奥さんらしき人が見えますが、ただのポスターかもしれません。

ダラム

ティムの父親。
ならず者たちに娘のティムを誘拐され、身代金の5万メセタを稼ぐために通路で辻斬を働いています。

ティム

ダラムの娘。
そんな父親を身を挺して止めようとします。

アバンチーノ

オプタノのミュージシャン。
正確にはピアノの先生であり、お稽古を受けることで後に必須になるテクニック「ムシカ」を習得させてくれます。喋り方や男性だけレッスン料が低いことなどからオネエ系と思われます。

ネイ=ファースト

ネイの半身。
人間と動物を掛け合わせる実験中、大量のエネルギーが送られてきたことにより生まれた存在。人間を恨んでいて、アメダスのエネルギーを使ってバイオモンスターを作り続けており、その行為に耐え切れず分裂した善の心がネイ=セカンド、つまり仲間のネイとなります。

タイラー

とある宇宙海賊。
人工衛星ガイラもろともパルマ星に衝突した一行を救出・再生してくれます。次々作によると、最初にデゾリスに移住したパルマ人とのことで、彼の名前をした村も登場します。

ルツ

アルゴルのエスパー。
前作のメインメンバーの一人であり、事故に遭ったユーシスを蘇らせた人でもあります。デゾリスのエスパーの館を訪ねることでにゅーっとコールドスリープから目覚め、一行にエアロプリズムを授けます。

ダークファルス

シリーズ通しての大敵である精神体。
本作においてはラスボスでこそないものの、理不尽な運ゲーを強いてくる難敵となっています。初回プレイ時はこいつのためだけに10時間以上の足止めを食らいました。自分のRPG史上最も苦戦したボスかもしれません。

マザーブレイン

こういった存在が悪でない作品はあるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^