レジェンド オブ レガシー ‐ 道場案内

スポンサーリンク

通常道場

いわゆる強化・覚醒に利用しやすい敵のこと。「遭いやすさ」「戦いやすさ」「逃走可能」の3点を重視した5ヶ所をご紹介します。レベルに合わせてご入門ください。

リザードマン道場
前半限定の「沸き立つ海」にて、水中の丸い影に当たると入門できる道場。
師範は大抵複数で現れますが、ガード可能な物理攻撃しかしない脳筋であり、全体攻撃の「竜人メッタ斬り」さえ連発されなければ安定した修練が望めます。海岸温泉のほうなら水の精霊と常に契約状態で戦うことができ、序盤の覚醒・強化どちらにも最適です。アイテムもよく落とすので金策手段としても優秀。
翼獣道場
恐らく本作で最も有名な道場。
場所は「吠える谷」でも「谷の遺跡」でもいいですが、HPが低いうちは風の装置の付近がおすすめです。「エアーパラソル」を使用すれば一部の攻撃も軽減可能。HPは高めなので、覚醒したい武器や術を延々と繰り返しましょう。まれに赤色の上級師範が稽古をつけてくれることもあります。
レッドジャケット道場
「グレートクラック」の揺れている蜂の巣に触れると入門できる道場。
後半から登場するモンスターの上位種ということで、新大陸出現の直後であるほど有効です。ただし大量の門下生を引き連れており、また師範自体が不在のときもあったりと、利便性は若干落ちます。毒対策に「アンチポイズン」も用意したいところ。
ドラコニアン道場
主に「砂漠のダンジョン」のひとつ「砂漠の洞窟」で入門できる道場。
上記リザードマン道場の上位互換的であり、覚醒よりは強化に向いています。リザードマンとの主な違いはカウンター技の「アタックカット」を使ってくるようになった程度。一応「大砂漠」でも入門可能ですが、アクセスが悪かろうとも「砂漠の洞窟」の専用シンボルのほうが確実です。一度入ったらしばらくは篭るくらいの心構えで向かいましょう。シンボルを復活させるため定期的な逃走もお忘れなく。
バガー道場
「砂漠のダンジョン」のひとつ「砂漠の岩山」で入門できる道場。
同じくアクセスが悪く、また上記4ヶ所と違い通常エンカウントなので構成の調整が必要になるとはいえ、粘れば各最終技までの習得を確認しております。また、ここもピンクの上級師範が登場することがあり、そちらのほうが覚醒率は高いと思うのですが、1回行動の通常師範のほうが道場としては安定します。

裏道場

滅多に入門できないレアモンの道場。その中でも「戦いやすさ」と「覚醒率」を重視した5ヶ所をご紹介。
ただし、いずれも「2周目以降かつ地図売却前限定」の可能性があります。

プラチナプリンス道場
ハンマーベアのレア種。「グレートクラック」と「神々の頂」で入門を確認しています。
ハンマーベアらと同じく「地団駄」を使用するも、威力はそれほど高くはなく、風の優勢下なら二桁のダメージに抑えることもできます。運良く新大陸の出現直後に出遭えれば、かなりの技・術を伝授してくれることでしょう。
紫の暴君道場
ドラコニアンのレア種。「砂漠のダンジョン」の「砂漠の洞窟」で入門を確認しています。
ドラコニアンと同様の「アタックカット」に、たまに使用する「高温ブレス」が痛いですが、風を優勢にしてしまえば十分安定した修練が可能です。ただ、HPがそれほど高くないのと、「レグルス」と「ヘキサプロテクター」というレア装備を落とす手前、延々と撃破&リセットを繰り返すほうが多くなるかもしれません。
クィーンワスプ道場
キラーワスプのレア種。「砂漠のダンジョン」の「砂漠の岩山」や「砂漠の洞窟」で入門を確認しています。
レッドジャケットと特に行動が変わらない中、HPだけが倍以上に増大しており、チクチクと攻めれば息の長い修練が望めます。こちらも一応「アンチポイズン」があると安心。
ラミアンプリンセス道場
ラミアのレア種。「砂漠のダンジョン」の「砂漠のオアシス」で入門を確認しています。
厄介な攻撃は混乱を引き起こす「凝視」程度。あとは炎の精霊が取られようとも大したダメージではなく、それでいてHPはクィーンワスプ以上に膨大です。「リフレッシュ」を用意してチクチクと攻めましょう。最強槍の「ブラックプリンセス」を落とすかも?という楽しみもあります。
イモータルバガー道場
バガーのレア種。「砂漠のダンジョン」の「砂漠の岩山」で入門を確認しています。
非常に危険な道場であり、開始数ターンは門下生がいる手前か危険な「振動波」を使ってくることが多く、それより先に風の優勢を確保することが求められます。師範を単身にするまでが最大の山場。しかしそれさえクリアすれば、以降は「食い散らし」とたまに「ブレス」を使用する程度の行動パターンに落ち着くため、風の優勢を維持し続けることで安定した修練が可能になります。覚醒率はザコ敵トップレベル。何よりその膨大なHPで、こちらの派生技の数々を受け止めてくれる包容力が魅力です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^