レジェンド オブ レガシー ‐ 精霊の仕様

スポンサーリンク

精霊の基礎

本作をプレイする上で、何よりも先に理解すべきがこの「精霊」周りの仕様。ここの理解度がそのまま難易度に直結すると言っても過言ではありません。

  • 全部で「水・風・炎・邪」の4種が存在する
  • このうち「邪」は敵専用
  • どの精霊の支配率が最も優勢かでダメージや回復量が大きく変わる
  • 精霊術を使用するにはまず各精霊と交信・契約する必要がある
  • 交信はそれぞれの「歌う岩のかけら」を使用する
  • 契約中は毎ターンの最後に精霊に応じた恩恵が受けられる
  • 「歌う岩のかけら」を所持していることで、エリアに点在する対応した装置を作動させることができる
  • 装置を作動させると様々な仕掛けが発動するほか、作動中の装置の付近での戦闘はその精霊と契約状態で始まる

まずは精霊の特徴をザーッと。
太字で記した重要なものは下記にして詳細解説いたします。

支配率による影響

重要な精霊の仕様の中でも最重要項目。
どの精霊の支配率が最も優勢かによって、戦闘のダメージや回復量が様変わりします。支配率は「精霊秤」の表示のほか、戦闘中に「Yボタン」を押すことで数値での確認が可能です。

支配率はこちらの「大いなる呼びかけ」や、敵が行う「交信」で上昇します。前者のほうが効果は大きいです。そのほか、大半のエリアは何らかの精霊が優勢であり、毎ターンの最後にその精霊の割合が上がります。

物理ダメージが半減
物理ダメージが倍増
術のダメージと回復量が半減
術のダメージと回復量が倍増

支配率による影響は上記図の通り。
これらを把握することで、例えば物理の強い敵には風を優勢にして術で攻撃したり、術中心の敵には炎を優勢にして一気に畳み掛けるといった戦術が可能になります。なお「邪」に関してはやや曖昧で、正確には倍増ではなく1.5倍程度かもしれないし、物理ダメージへの影響を感じるときもあります。また、上位2つの精霊が同値で均衡が保たれている場合は恐らく何も作用しないと思います。

契約中の恩恵

  • 水 … 毎ターンの最後にHPが回復する
  • 風 … 毎ターンの最後にSPが回復する
  • 炎 … 追加効果発生率が上昇する

水と風の回復量は支配率によって上昇します。水は最大HPも影響。風は1~8程度の固定値です。
なお、一度交信してしまえば、敵に取られない限り戦闘中に勝手に消えることはありません。交信を行わない敵構成の場合、とりあえず水&風と交信しておけば有利に進められます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^