攻略チャート (2) ‐ ブレス オブ ファイア 竜の戦士

スポンサーリンク

タタール村

鍛冶屋にてっこうせきを渡すとあっ………という間にのこぎりにしてくれます。
これで大木を切り倒せるようになったので、北西にある嘆きの森へ。回復アイテムを補充したければ対岸のトトール村にも寄っておきましょう。

嘆きの森

ずんずん進んで右上にある建物へ。
建物内では何回かのボウマンやランサーとの固定戦闘と、幾つかの門的な場所の下などに落とし穴があります。落ちた先にも宝箱があるので一度は落ちておきましょう。

B1でボウマン&ランサーx2との固定戦闘のあと、村長の問いに「はい」と答えるとぽちとの戦闘へ。3回の「いいえ」で回避できますが、経験値が欲しければ戦うのもいいかと。

ぽち

行動は首の色に応じた属性攻撃と両首での全体攻撃で、根性の発動後は全体攻撃のほうばかりをしてくるようになります。

回避か撃破後、本物の村長を助けたギリアムが仲間になり、しょうぐんとの対決へ。

しょうぐん

たまに必殺を繰り出す程度の攻撃一辺倒。ニーナがリリフを使える限りまず問題はありません。ギリアムは早々に2発のバルラをお見舞いしましょう。

撃破したらトトール村に帰還を。
なお、ギリアムを先頭にするとフィールドの森を通り抜けられるようになるほか、Aボタンの弓で獣や鳥を倒してアイテムを得ることもできます。ただし、難易度はやや高めです。詳細は狩りをご参照。
また、宝箱から入手したいぬがみのかぶとはギリアム専用でそこそこの防御力ですが、物理の被ダメージが2倍になるため装備は避けるのが無難です。呪われているわけではありません。

トトール村

本物の村長と話したらロメロ村へ。
ぼんやりとした情報ですが、ちゃんとフラグになっています。

ロメロ村

昼間は墓地、夜は村長宅の2階にいる緑髪の女性から「やすらぎのみず」について聞いたあと、夜の墓地のおばばと話すと地下に行くことができ、クラインのつぼが入手できます。

次は南西のほこらへ。カーマの塔の真南にあります。

南西のほこら

エンカウントは1FとB1のみ。最深部の水辺を調べると「やすらぎのみず」の入手となり、そのままロメロ村へ移動します。

ロメロ村

ゾンビ問題を解決し、村長からお礼の品々となぞのせきばんがもらえます。
なお、以降は再びほこらで水を汲むと、クラインのつぼがパーティー全員を完全回復できるクラインのつぼ!に変化します。使用後でも何度でも汲み直せます。

次は北西のパスラの浮島へ。

パスラの浮島

各階の鍵付きの扉と、2Fにある崩れそうな壁はまだ対応することはできません。後者は場所だけ憶えておきましょう。
5Fでは、まず右上の壁の1マスに入ることができ、その中でスチールボウが入手できます。中央の柱を調べるとガーディアンと戦闘へ。

ガーディアン

行動は単体攻撃と全体攻撃のみ。全体攻撃のほうを連発されるとやや厳しい展開になります。ギリアムはバルラを連発し、リュウとニーナでHPやAPの回復を担当するのがいいかと。根性の発動はなし。

撃破後、再度柱を調べればおうのかぎの入手となります。
次は、タタールトトールの村から北に進んだところにある巨人の像へ。右足から入ります。

巨人

5Fの心臓の前でしょうぐんと戦闘へ。

しょうぐん & ランサーx2

お供つきのうえに攻撃力も若干上がっていますが、この時点で特別苦戦要素はないと思います。

撃破後、装置に触れると心臓やワープが動き出し、エンカウントも消滅。ワープを使って最深部へ進み、装置に触れると巨人が動き出し、見事川をせき止めていた大岩を破壊します。

タタール村

村長に報告すると「ゆうしゃのゆびわ」をもらえることになり、川の上流にあるほこらに入るためのほこらのかぎがもらえます。ほこらは移動した巨人のすぐ右です。

川の上流のほこら

最深部の青宝箱からゆうしゃのゆびわが得られます。リュウ専用のその他装備で、攻撃力が10上がります。おおぞらのたても忘れずに。

タタール村

結婚式が催されますが、この間に巨人が奪われ、トトール村が破壊されてしまいます。再び巨人へ。
できれば向かう前にイノシシを狩って幾つかのげんしにくを得ておきましょう。

巨人

エンカウントが復活しています。最深部でマッスルと戦闘へ。

マッスル

序盤を締めくくる強敵。行動は単体攻撃と全体攻撃のみですが、根性を発動してからが本番です。行動が全体攻撃のみになり、撃破も根性発動前と同じくらいのダメージを要します。攻撃はやはりギリアムのバルラを中心にし、リュウとニーナで回復を担当するのが安定するかと。長期戦必至なので回復アイテムは十分に用意しましょう。上で述べた通り、全体回復ができる「げんしにく」が幾つかあると安定します。

撃破後、巨人が火山に沈み、南の川が通れるようになります。
まずはすぐ近くに見える竜の神殿へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^