仲間 ‐ ブレス オブ ファイア 竜の戦士

スポンサーリンク

リュウ

白竜族の少年。
冒頭に黒竜族のジュダスによって故郷を襲撃されて姉を失い、その仇討ちのために旅立ちます。この時期のRPGに多いしゃべらないタイプの主人公ですが、公式絵はやんちゃな雰囲気が表現されています。
パーティーでの立ち位置は、ザコ戦は時期ごと入手できる全体攻撃武器が便利で、ボス戦はドラゴンに変身して固定ダメージをひたすら重ね、普通に主戦力となるでしょう。個別アクションは「釣り」。

ニーナ

飛翼族の少女。ウインディア王国の王女様。
父国王を助けるためにリュウの助けを受け、解決後にお礼として仲間に加わります。たびたび城を抜け出していたというエピソードから、おてんば姫であることが伺えます。
パーティーではイメージ通りの回復担当。本作の回復・補助魔法は最速発動なので使い勝手が良いですが、全体回復のリフラルを習得するのが遅く、全体攻撃に対してはアイテムに頼らないと手が足りなくなることも。個別アクションは後半に成長することで鳥に変身して空を飛べるようになります。

ギリアム

タタール村かトトール村の森の民。オオカミ男。
そこそこの攻撃力と、下級の攻撃や回復の魔法を扱えますが、魔法は初期習得から増えることはない、どちらかと言えば早熟タイプと言えます。中盤からはダンクの合体相手に納まるのではないかと。
個別アクションはフィールドの野生動物をアイテムに変える「狩り」。難易度は高めです。

ダンク

とある滅ぼされた一族の少年。
手先が器用で、パーティーの盗賊関連の作業を担当します。個別アクションは鍵付き扉の解錠や宝箱の罠外し。
そして、それ以上に唐突な「合体」の能力のほうが特徴です。やや隠し要素ではあるものの、発見できれば豊富なHPと十分な攻撃力でリュウ以上の戦力になれます。

マニーロ

商都マッカの魚人の商人。
阿漕な商売で破門を食うほどがめつく、一行にも借金を背負わせてその徴収という名目で加わります。
個別アクションは「しょうにんだま」を取り戻すことで海中のみ大魚に変身可能。とはいえ、これはストーリー進行に関わる程度であまり自由度はありません。それよりもフリーマーケットの利用のほうが重要です。

ビルダー

ガンツの鉄鬼衆という種族?の男性。
黒竜族に船を襲われ、死神がすぐそばまで迎えに来るという瀕死の状況から強引に生還されます。このあたりかなり唐突な展開ですが、初回プレイのときは何とも言えない不気味さがありました。
パーティーでは見た目通り力自慢かつ、トプリフとヤクリの2つの魔法だけを使用できます。が、やはり最終的にはダンクの合体相手に納まるのではないかと。個別アクションは樹や壁への「殴り」。

ディース

下半身が蛇になっている女性の魔法使い。
とある事情により古代遺跡で眠りについていたところ、黒竜族からマッカを護る際の最終手段として助力を請うことになり、そのまま一行に加わります。強引な姉御肌ですが、昔よりは穏やかになったとのこと。
パーティーではようやく加入する生粋の攻撃魔法担当。大半の属性を習得し、豊富なAPもあって普通にレギュラーの一人となるでしょう。個別アクションはなし。

モグ

モグラ的な土喰族の少年?青年?
四天王の一人ジグムトによって夢の世界に連れて行かれ、さらに感情が分裂しているという大変ややこしい状況に陥っています。どうでもいいですがさすがにネーミングが安直すぎるのでは。
パーティーでは正直個別アクションの「穴掘り」専用キャラといったところ。ダンクの合体相手ではありませんが、戦力として起用することはそうそうないかと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^