基本情報 ‐ SDガンダム外伝2 円卓の騎士

スポンサーリンク

作品概要

SFC版のSDガンダム外伝その2。
カードダスでは5~8弾に当たる「円卓の騎士」を描いた作品で、同じ舞台を扱うファミコン版の2ヶ月後に発売されました。細かいことですが、前作と違ってタイトルに「ナイトガンダム物語」の言葉は付きません。

基本事項

  • セーブデータは2つ。基本どこでもセーブ可能
  • 魔法はHPを消費して使用する
  • 宿屋の「休む」は夜にする
  • メニューの「変更」は移動時の表示キャラを変更する
  • 戦闘中「LRボタン」で状態異常の確認ができる
  • 敵の残りHPは赤み具合で大よそ判別できる
  • クリア済みの章のエリアはエンカウントしなくなる
  • 技量・早さ・精神は装備によって255を越えると1に戻るが、内部的に問題はない

最大13人パーティー

戦闘画面の枠の通り、本作は最大13人の仲間を同時に引き連れることが可能です。敵が1体だけだと大人気ない戦闘模様になりそうですが、もちろんそれを前提としたバランスに調整されています。コマンド入力の回数も、割と詳細まで設定できるオート機能があるので安心です。

レベルアップ

本作には経験値の概念がなく、仲間の加入によってパーティー一括でレベルが上がっていきます。正規の円卓の騎士は強制加入なのでストーリー進行に応じていると言えますが、一部の町人などに向かって「Bボタン」を押すことで勧誘ができたりもします。また、この理由から通常戦闘にあまり意義が見出せません。

エンカウント

その場に留まっているだけでもエンカウントするのが本作の特徴の1つ。なのでスタートボタンで「ポーズ」することが可能になっています。また、アイテム1つ1つに「重さ」の概念があり、その総量がエンカウント率に影響を及ぼすという情報もありますが、これは正直あまり実感できません。

オーダーメイド

すべての武器屋にて武器のオーダーメイドが可能です。基本的に料金と性能は比例するのですが、名前に一部の文字を用いることで驚異的な効果を発揮することがあり、これが本作のバランスを大きく損ねたり、エンカウントの無意味さに一層の拍車をかけていたりします。一応オーダーメイドに詳細を載せてはいますが、これは「禁じ手」としたほうが本作をより楽しめると思います。当攻略も使用しない前提で記載しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^