その他の登場人物 ‐ テイルズ オブ デスティニー

スポンサーリンク

アルバ

本名アルバ=トーン。
ジェノスの東の山中に住んでいる弓の名手。チェルシーの祖父であり、ウッドロウの弓の師匠でもあります。

漆黒の翼

厨二的名称のレンズハンター集団。
正確には「音速の貴公子グリッド」「大喰らいのジョン」「疾風のミリー」の3人組で、序盤のジェノスの酒場で絡んでおくとその後も先々でちょくちょく登場します。グリッドは闘技場でそれなりに勝ち進んでいることから、最低限の実力は持っていると思われます。

ボブおじさん

スタンと同郷のおじさん。
セインガルドへ出稼ぎに出ており、ハーメンツの村でスタンと会うなりささやかなお小遣いをくれます。ただし、このときの選択肢次第で嫌われてしまうと後々のややレアアイテムを逃すことになるので要注意。詳細は裏技・小ネタをご覧ください。バグなのかなんなのか闘技場の優勝者も嫌いのようです。

ウォルト

ハーメンツのマフィア的な人。
村の一等地に大きな屋敷を構えており、レンズハンターを雇って骨董品の収集でもしている感じです。怒らせたらまずい系の人に見えて、意外に粋な演出をしたりします。

セインガルド王

名称不明のセインガルドの王様。
至って真面目な善人で、普通に的確な指示や許可を出してくれるのですが、初回はまだしも、あれだけ念を押したにもかかわらず再度「神の眼」を盗まれるあたり、有能なのか無能なのか判断が難しいところです。

七将軍

  • ドライデン … 七将軍の筆頭
  • アシュレイ … 普通っぽい雰囲気
  • リーン   … 伊達男
  • ルウェイン … 老将。スタンの祖父トーマスと面識あり
  • アスクス  … 剣術以外目が向かない
  • ミライナ  … 紅一点

セインガルドを代表する7人の将軍。やはり人気があるらしく、ダリルシェイドの中央でミーハーな女性たちが談義に花を咲かせているのが象徴的です。もうちょっと出番があってもよかったのでは。

ヒューゴ

内海賢二

本名ヒューゴ=ジルクリスト。
ダリルシェイドに大きな屋敷を構えるオベロン社の総帥。

レンブラント

ヒューゴに仕える執事の老人。
後半のとある場面の「ホヒ」がやたらと不気味な印象を残します。

マリアン

ヒューゴに仕えるメイドのひとり。
リオンに慕われています。

アイルツ

ストレイライズ神殿の司教。
秘密の入口を開けるときの「えいっ」など、どこか茶目っ気のある人。

バルック

本名バルック=ソングラム。
オベロン社のカルバレイス支部長。チェリクにて「バルック基金」を立ち上げ、貧しい子供たちに生活用品を配るなどの慈善事業を展開しています。

イレーヌ

本名イレーヌ=レンブラント。
オベロン社のフィッツガルド支部長で、レンブラントの実娘。唐突にスタンをデートに誘い、スタンに仄かな感情を植えつける一方、ルーティには「年増女」呼ばわりされます。

バティスタ

ストレイライズ神殿の司祭。
グレバムの部下として、海賊船やモリュウで一行の前に立ち塞がります。司祭とは思えぬ筋肉質な身体と肉弾系の特技を持つ武闘派。過去にフィリアの作業を手伝ったことがあるらしく、彼女からは恩義的な感情を持たれています。

トーマス

本名トーマス=エルロン。スタンの祖父。
元セインガルドの騎士で、七将軍の1人であるルウェインの命を救ったこともある模様。

リリス

今井由香

本名リリス=エルロン。スタンの妹。
エルロン家の家事全般を担当し、スタンには基本きつく当たるものの、本質的にはブラコンというかお兄ちゃん子と思われます。村の男性陣からの人気も高く、風呂場には常に覗き犯が待機しているほど。

プレイアブルキャラの予定もあったようで、内部にはデータが残っており、初期ロットのディスクのみとある手順を踏むことでバグ的に仲間に加えることが可能です。詳細は裏技・小ネタを。

マギーおばさん

リーネの村に住むボブおじさんの妻。
第2部では種系アイテムを持っているとぼったくり価格で種育てをやらせてくれます。

フェイト

モリュウ領領主ジノの息子。
父ジノが没して次期領主として期待されていたところ、バティスタの乱入によりその座を奪われ、城の一室に監禁されています。ジョニーの幼馴染でもあり、リアーナという美人で評判の妻を持ちます。

ティベリウス

トウケイ領の大王。
第1部の段階ではトウケイ領のみならず、アクアヴェイル全島の統治者となっています。グレバムと密約を結んでセインガルドへの侵攻を企む野心家。ジョニーとは浅からぬ因縁がある模様。

ダリス

ハイデルベルグの警備隊長。
実は記憶を操作されたマリーの良人であり、ハイデルベルグの前にサイリルの家に寄っているかどうかでその後の生死が分かれます。死亡ルートのほうが第2部でマリーを早く加えることができる等のメリットがあるのですが、個人的にあそこまで凹むマリーを見るのが辛いのでこのルートはありえません。

ダーゼン

ウッドロウの部下。
グレバムによって支配されたハイデルベルグにて、城下の人々を洞窟に逃がすファインプレーをしています。

グレバム

飯塚昭三

本名グレバム=バーンハルト。
ストレイライズ神殿の大司祭の身でありながら、「神の眼」を盗んで逃亡した第1部の黒幕。

リトラー

本名メルクリウス=リトラー。
かつての天地戦争の地上軍司令官。現在はソーディアンたちと同じくコアクリスタルに人格を移しており、ラディスロウのモニターの中にのみ存在します。指揮能力というか、指導能力はかなり高そう。

助手

リトラーの助手で、セインガルド城のオットー研究室の学者、ストレイライズ神殿の知識の塔のエリート神官、ジャンクランドのジャンクハンターの3名が候補となります。いずれも生意気な口調だったり桃伝の貧乏神のような口調だったりのクセがあるため、リトラーにはまずその部分から矯正されます。個人的に、終盤の集積レンズ砲を撃つ場面での葛藤はスタンよりもこの人たちの役目だったのでは。

ミクトラン

天上人の王。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^