仲間 ‐ テイルズ オブ デスティニー

スポンサーリンク

スタン

関智一

本名スタン=エルロン。19歳。
ひょんなことから「ディムロス」のマスターとなる本作の主人公。しかし、オープニングの凛々しく剣を構えた佇まいとは裏腹に、良く言えば純粋な、悪く言えばお人好しな性格をしており、そもそも冒頭からして「密航中のところを見つかって甲板掃除をさせられる」体たらくは、オープニングを何度も見てから本編を始めた自分のような人ほどギャップを感じるかもしれません。あとどうでもいいですが朝に弱すぎ。
パーティーでは普通にプレイする限りまず戦闘の操作キャラとなるので、特技を中心とした斬り込み隊長となるでしょう。役割的に「ホーリィシンボル」や「エメラルドリング」系を装備させると安定します。

ルーティ

今井由香

本名ルーティ=カトレット。18歳。
本作のヒロインかつ「アトワイト」のマスター。しかし、特に序盤は助けてもお礼を言わず、仲間を疑っても謝らず、そのうえ守銭奴というヒロインらしからぬじゃじゃ馬ぶりを発揮します。
パーティーではアトワイトの習得呪文から主に回復を担当。攻撃もそこそこいけますが、回復を優先させたければ余計な特技や呪文は使用しないよう設定しましょう。「ミスティシンボル」も持たせたい。

フィリア

井上喜久子

本名フィリア=フィリス。19歳。
ストレイライズ神殿の敬虔な司祭。三つ編みでメガネという典型的なインドア系の見た目でありながら、「クレメンテ」のマスターとなり、似合わぬ剣を持つことになります。
パーティーではさすがに剣技系の特技を習得したりはせず、生粋の攻撃呪文担当といったところ。TPが枯渇しやすいので、やはり「エメラルドリング」系や、あとは「ミスティシンボル」も持たせたいところです。

ウッドロウ

速水奨

本名ウッドロウ=ケルヴィン。23歳。
序盤では明らかにされませんが、ハイデルベルグの賢王イザークの子であり、「イクノティス」のマスターでもあります。後半ではハイデルベルグの新王に。
第1部ではほぼサブメンバーに過ぎず、第2部からリオンに代わってメインメンバーとなります。そのため上の3人に比べてレベルで遅れを取り、さらにイクノティスの復帰が遅いこともあって微妙な存在になりがちです。足並みを揃えたければ「ダークシール」を持たせて補強を行うのも。

リオン

緑川光

本名リオン=マグナス。16歳。
セインガルドの気鋭の少年剣士で、「シャルティエ」のマスター。若いながらも七将軍に次ぐ実力を持つとされており、またその美少年な風貌から作中でも現実でも特に女性人気が高いです。
パーティーでは第1部限定のメインメンバー。特性としてはスタンに近く、スタンと同じ特技も幾つか習得します。固有特技としては「魔人闇」がありますが、これを第1部中に習得するのは大変です。

マリー

天野由梨

本名マリー=エージェント。24歳。
アマゾネス系の頼れる姉さんのような見た目をしていながら、記憶喪失なこともあってか実際は天然に近い可愛らしい性格をしており、よくイベントシーンの裏で奔放な動きをしています。
サブメンバーの中では装備・特技ともに正統的な性能ではあるものの、やはり本作では「ソーディアン使いでない」というだけで控えに回されてしまうことが多いかもしれません。個人的にもダリス死亡ルートは悲しすぎるので、第2部で無理に早めに加えることもないと思います。

ジョニー

山寺宏一

本名ジョニー=シデン。26歳。
シデン領主家の三男でありながら吟遊詩人をしており、これまたオープニングの神秘的な雰囲気とは異なる性格をしています。音痴の設定もありそうですがそういうわけではなさそうな。
特技がすべて歌系かつ、各「スコア」の入手がそのまま習得となる特殊な仕様をしています。スタンの奥義に比べれば楽な習得方法とはいえ、そのぶん入手は期間的制限のあるものがほとんどです。詳細はスコア入手を。

チェルシー

渡辺菜生子

本名チェルシー=トーン。14歳。
年齢よりも大人びた言葉使いが特徴的なおませさん。とある理由により祖父アルバの下へ疎開させられ、共に暮らしています。ウッドロウのことが大好きで、よくハイデルベルグにも遊びに行く模様。
第1部では序盤のほんの少しのあいだだけ仲間になり、第2部でも最も早く加入できるサブ仲間だったりします。武器は弓オンリーで特技も弓技のみ。使う使わないはともかく、ノイシュタットの港のネコから「エメラルドリング」を入手するためだけでも第2部では早い段階で加えたいところです。

マイティ

玄田哲章

本名マイティ=コングマン。39歳。
ノイシュタットの闘技場のチャンピオンで、9戦目に出てくるところを倒せば仲間にすることができます。対戦時の名称も、何より見た目的にも「コングマン」なのに、加入後は「マイティ」表記になってしまうのがなんとも残念。また、唯一強制加入場面がなく、そのせいかオープニングに登場しないことでも有名です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^