勇者の剣 ‐ ソウル&ソード

スポンサーリンク

概要

翼竜の財宝伝説の財宝海賊の秘宝古代遺跡で4つの「ビーズ」を入手すると行けるようになるマルマー山で挑戦可能です。内容的にも難易度的にも、最後を飾るのに相応しいイベントと言えます。

マルマー山

一応のラストダンジョンとして、その規模も半端ではありません。ウルウェル、ソーマ、サイメダルあたりは最大まで用意し、また、これがラストシナリオでお金がたくさん余っているなら、サルタン祭でエリクサーSPを買えるだけ買っておくのもいいでしょう。

かつてないくらいの山登りを強いられたあと、これまたかつてない長さかつ複雑な構造の洞窟が待ち受けます。何より厄介なのは自爆する敵が多いことで、こればかりは装備で防ぐことができません。もう洞窟に入ったらサイメダルの連発でもいいくらいですが、先制で自爆されることも多いです。

ここでしか入手できないアイテム等は、外部の右下の小島にあるガーディアン、内部の1つ目のセーブポイントの左上の入口の先にあるかみのよろい、最深部のロアディスの3点。ボスを倒すと自動的に外に出ることになるので、拘る人はボスと戦う前に回収しておきましょう。

最深部で聖剣の老人の挑戦を受けると、リックでのタイマンバトルへ。なお、選択肢で臆すると4つのビーズをすべて回収されてクリア不可になるうえ、ここから自力で帰らなくてはなりません。

聖剣の老人

はげしい攻撃、すばやい攻撃、ヴォルト、スペクトを使ってきます。オペラとラピスラズリ等の吸収・無効化装備があればかなり有利に戦えます。
また、敵全体を全属性で攻撃をするエレメントを低確率で落とします。ドロップ限定品の中では入手しやすいほうですが、このタイミングでは…。

撃破後、中の小部屋で4つの像に4つのビーズをはめ、中央の剣を調べればホーリィソードの入手となり、自動的に外へ出ます。恐らく多くの方はこれで全シナリオの終了になるのではないかと。お疲れ様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^