基本事項 ‐ ロマンシング サガ2

スポンサーリンク

作品概要

1993年の暮れに発売されたロマサガシリーズの2作目。言わずと知れた超有名作であり、「ゲームの奥深さ」という面でなら、自分は今後これを超える作品に出逢える気がしません。

何百年・何千年にも渡る壮大なストーリー、七英雄という魅力的な敵役、あまりに練られたロジック、特性の理解次第で鬼にも仏にもなる難易度、イトケンさんの魅惑のBGM、今作から登場する技の閃き、武具開発に術開発、未解明の謎の数々、そしてバグまでも巻き込んで織り成す中毒性は、もはや「迷宮」と呼べるほどの魔力を放ちます。
当時は本当に寝食を忘れてのめり込みました。どういった要素がRPGを面白くするのか、そのヒントがふんだんに詰まったスクウェア最大の名作だと思います。

2010年に追加要素を加えた携帯アプリ版が配信され、2016年にはVITAとスマホにてグラフィックを一新したリマスター版が配信。そして2017年にはこのリマスター版が様々なハードへ移植されました。
当攻略は基本的にオリジナルのSFC版の内容ですが、VITAのリマスター版で確認できた追加要素にも一応触れています。詳細はリマスター版をご覧ください。

基本事項

  • どこでもセーブ可能。セーブ欄は4つ
  • いつでも「L+セレクト」でソフトリセット
  • 戦闘は皇帝のみ「退却」が可能
  • 戦闘が終わるたびにHP全回復
  • 多くの街・施設は「Xボタン」で外に出ることができる
  • 制圧済みエリアのお店は基本的に無料になる
  • アイテムをゴミ箱に捨てると倉庫へ入る
  • 1戦闘のたびに年代ジャンプの年数が加算される。最大250年

LP

  • ライフポイントのこと
  • すべてのキャラクターに設定されている
  • 戦闘でHPが尽きると-1
  • 戦闘不能時に攻撃を受けたり、ライフスティールなどの技を食らっても-1
  • 0になるとそのキャラは消滅する
  • ただし、一般クラスであれば一巡すれば再び登場する
  • 回復手段は基本的に「生命力回復」を使用するのみ
  • 装飾品「魔石の指輪」関連でも増減する。詳細は裏技・小ネタ
  • 最終皇帝が0になると特別な演出を経て復活する。これも詳細は裏技・小ネタ

本作がシリーズ初登場となる「LP」の仕様はこんなところ。特に次作「ロマサガ3」を先にプレイした人は「宿屋で回復しない」という点にご注意を。本作のLPは貴重です。

収入

戦闘を1回行うたび、玉座の左の情報官が教えてくれる収入ぶんのクラウンが金庫に加算されます。退却でも可。
ちなみに金庫の限界は約1680万クラウンの模様です。滅多に到達しない金額とは思いますが、ただでさえお金は入用なので、限界に気付かず無駄な戦闘をしてしまった!なんてことがないよう気をつけましょう。

倉庫

  • 傷薬    +20
  • 高級傷薬  +5
  • 生命力回復 +1
  • 術酒    +10
  • 霊酒    +3
  • 万能薬   +1
  • 森の精気  +10
  • 大地の精気 +3

アバロン2階の右上にある倉庫は、各アイテムをほぼ無制限に入れられるほか、年代ジャンプが発生するたびに一部の回復アイテムの個数が上記の通りに加算されます。さらに、最終皇帝の登場時に限り各々この5~6倍の個数が加算されるため、「術酒」や「森の精気」は温存派の人でも積極的に使ってしまっていいと思います。

技道場

  • 最初の年代ジャンプ後から利用可能
  • 一度でも閃いた技・見切りは「次の世代」でここに登録される
  • 登録された技・見切りはここでいつでも習得が可能になる
  • 一部の武器にある「固有技」は対象外
  • 一部、バグによって登録されない技もある

アバロン1階の右上にある技道場の仕様は上記の通り。閃いて即封印したとしても、次の世代になればちゃんと追加されています。逆に言えば、すでに登録済みの技・見切りを再度閃くことはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^