仲間 ‐ 忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!!

スポンサーリンク

かぜまる

本作主人公。名前変更可能。
パッケージでは忍者というよりも原始人的なムキムキの恵体をしています。パーティーでは攻撃から多彩な術まで使いこなす勇者タイプ。このかぜまるが倒れると全滅扱いなので仲間が増えても体の残量には常に気を払いましょう。

たかまる

仲間その1。「たづ」の子である忍者犬。
細かいことですが、この世界では「忍犬」ではなく「忍者犬」のようです。パーティーでは術が使えない生粋の攻撃担当。パッケージでは意外にいかつい風貌をしていますが、大東犬のような短足が可愛いです。

あかね

仲間その2。かぜまるの妹。
ラホイの命により「つづらはんぞう」に育てられます。加入イベントはなかなかドラマチック。パーティーでは術でのサポートが中心。特に「げんき」の術の成長度合いは後半の難易度に大きく影響します。

じぞう

NPCその1。お地蔵様。
序盤過ぎの「げんぶのしろ」で加わる初めてのNPC。戦闘では桃伝2と同じく身を挺して攻撃を防いでくれることがあります。さらには奥にいる「とびまさ」を助けるため、壮絶な方法を用います。

とびまさ

NPCその2。カラクリ職人。
同じく「げんぶのしろ」で加わる2人目のNPC。加入期間は僅かですが、戦闘では一応「からくりバズーカ」で全体攻撃をしたりします。その後もたびたびドクロ一族に捕らえられ、救出する→「やだなあもう捕まりませんよ」と言いながら一人で帰る→案の定また捕まって何かしらを作らされている、がお決まりのパターンとなります。

うんのすけ

NPCその3。うんちの村の若君。
テレビ局を開設したがっているうんちたちの村の若君という、冷静に考えると酷い設定・肩書きなのに、桃伝をプレイ済みだと特に違和感なく受け入れられてしまうのがすごいというか何というか。戦闘では「おうごんのしずく」とやらで味方1人の体を30回復してくれることがあります。深く考えてはいけません。

おはやし

NPCその4。歌の町の五人囃子の一人。
彼一人が攫われたことで、初訪問時の歌の町は無音となっています。戦闘では「ふにゃら」と同効果の「べんてんのふえ」を使ってくれることがありますが、加入期間は「とびまさ」と同じくらい超短期です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^