仲間 ‐ 神獄塔 メアリスケルター2

スポンサーリンク

つう

阿部里果

血式少女の一人。本作主人公。
前作にはいなかった血式少女であり、人魚姫の夫かつ、王子様でもあります。血式リビドーは「恩返し」ですが、そのあたりを意識すると謎の頭痛に襲われるため、常日頃から周囲に「貸し」を作ることで、恩を受けても「貸しを返されただけ」とする自衛策としています。ナイトメアとの簡単な意思疎通が可能。

人魚姫

洲崎綾

血式少女の一人。本作ヒロイン。
前作の前日譚にて死亡の描写があったはずですが、本作ではつうの妻・姫として健在しています。血式リビドーは「歌を歌う」こと。ただし、恥ずかしがり屋なのか、人前で歌うのは苦手な模様。

ジャック

酒井広大

前作の主人公。
本作ではなんとナイトメアになってしまい、前作経験者に結構な衝撃を与えました。しかし、従来の性格のためか凶暴性は基本なく、戦闘ではつうとセットになって前作と同じくの浄化などを担当します。

ハーメルン

今村彩夏

血式少女の一人。
前作では唯一加入任意の隠しキャラ的存在でしたが、今作では小説版の展開を経て最初の仲間となり、終始主力として活躍できるほか、住処を拠点として提供したり、使い魔を使役して情報を集めるなど、出番や存在感が大きく増しています。血式リビドーは「手を繋ぐ」と「笛を吹く」あたり。

グレーテル

種崎敦美

血式少女の一人。
前作と同じく旧学生街エリアにて兄のヘンゼルと暮らしています。加入後は相変わらずの明晰な考察力と、相変わらずの空気の読めなさで存在感を示します。血式リビドーは「甘いお菓子が好き」なこと?以前はヘンゼルの不死性を活かしてヘンゼルの身体のお菓子を食べていた模様です。もぐもぐもぐ…。

ラプンツェル

小澤亜李

血式少女の一人。
前作と同じく旧河川・沼エリアでもじゃもじゃしているところを捕獲され、正式な血式少女となります。血式リビドーは「髪を伸ばす」と「子供を作る」とかそのあたり。周囲に「子供の作り方」を聞いて困らせる一方で、今作では天真爛漫な振る舞いが本人も意図せず周囲の対人トラブルを解決している場面も目立ちます。

かぐや姫

五十嵐裕美

血式少女の一人。
登場時こそ前作とは打って変わったやる気に溢れたキャラになっているものの、事情が解決するや前作と同じくのグータラ姫に戻り、時折「仕事してる風七つ道具」なる怪しげな物まで使い始めます。血式リビドーは「5つの宝物を欲する」ことと、このグータラな性格もそうなのでしょうか。

親指姫

高橋李依

血式少女の一人。
今作ではとある事件からタイヨウ教団に戻り、妹2人とともに副教祖「陽司」の1人となっています。その事件や、現立場を妬む輩のせいで猜疑心に塗れており、特に登場時は気の毒になるほどのヘイトキャラを担当します。血式リビドーは「狭い場所に隠れる」というのがあったはずですが、今作にその描写はありません。

白雪姫

高野麻里佳

血式少女の一人。
親指姫と同じくタイヨウ教団の「陽司」の1人になっています。それ以外はだいたい前作と同じく、体型を中心に自分に自信のない女の子。血式リビドーは「鏡が恐い」こと。

眠り姫

長久友紀

血式少女の一人。
上2人と同じくタイヨウ教団の「陽司」の1人になっているほか、今作では髪型もショートヘアーになりました。それ以外はやはりだいたい同じ、口数の少ない隠れボクっ娘。この口数の少なさで副教祖はさすがに無理があると思うのですが、そのあたりどうなのでしょう。血式リビドーはひたすら「眠い」こと。たぶん。

シンデレラ

今井麻美

血式少女の一人。
今作ではとある事情から前作よりも5年幼い状態での登場となり、ラプンツェルとともに「お子様コンビ」のような立ち位置となっています。血式リビドーは「美に拘る」とか「ペンダントを大事にする」とかそのあたり。ペンダントをなくした際は、ハーメンルに「超高速反復横飛び」という変な慰め方をされます。

余談ですが、今作は前作とキャラの加入順がほぼ逆になったことで、前作で控えに回されがちなキャラが使われやすくなっているのに、彼女だけはどちらでもレギュラー枠が埋まってからの加入なうえ、前作今作ともにバグでジェノサイドスキルの1つが習得できない(今作では修正済み)など、どうも冷遇されている気がしてなりません。

赤ずきん

大久保瑠美

血式少女の一人。
明るく元気な血式少女たちの長女的存在であったはずが、黎明が滅ぼされたことにより、再加入後はどこか陰のあるナイトメアへの復讐鬼となってしまいます。血式リビドーは「フードを被っていないと動揺してしまう」こと。相変わらず部屋のカーテンが可愛い。

アリス

上坂すみれ

血式少女の一人。
前作と同じく序盤にブラッドスケルター化し、今作ではそのまま長らくのあいだ行方不明に。再加入後はジャックがナイトメアになったことでか、前作よりもジャックへの感情をストレートに表現しています。血式リビドーは「お茶会が開きたい」ことで、ティーカップやテーブルクロスに目がありません。「整合性を求める」というのもあったはずですが、今作にそのあたりの描写は特になし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^