基本事項 ‐ 神獄塔 メアリスケルター2

スポンサーリンク

作品概要

■ 公式サイト
https://www.compileheart.com/mary-skelter/tuu/

メアリスケルターの続編。新たな主人公「つう」と、前作で死亡していたはずの人魚姫をヒロインに据え、まるで前作のif物語のような不思議な展開を見せる作品となっています。しかし、雰囲気の変わった赤ずきん、タイヨウ教団員になった三姉妹、何よりナイトメア化したジャックなど、前作を知っているほど不穏な設定も目立ちます。

プレイ順序

本作には前作のリメイク版も内包されていますが、公式が推奨するプレイ順序は「2→1」です。VITA版の前作をクリア済みの人はもちろん、そうでなくても「2」からプレイすることをおすすめします。

難易度

  • EASY
  • NORMAL
  • FEAR

上記の3種があり、冒頭に設定するほか、オプションからいつでも変更可能です。
主な違いは敵の強さと、虐殺鬼ごっこ中の表示情報など。獲得経験値に変化はありません。

オートパイロット

マップからマッピング済みの地点を指定すると、その場所まで自動移動してくれるシステム。ルート確定までの処理速度が前作から向上し、またオプションから敵シンボルやギミックへの対応もある程度決められるようになりました。相変わらずシンデレラの「12ダッシュ」と良相性。

ジェイル

ジェイルは「食欲」「性欲」「睡眠欲」の三大欲求を持っており、移動中の画面の右上にゲージで表示され、下記の要素で溜まっていき、MAXになるとジェイルボーナスが発生します。ゲージの左にある月のアイコンは現在ジェイルが最も求めている欲求を表しており、同じ色の欲求はゲージが上がりやすくなります。

  • 食欲  … 戦闘中の「血しぶき」の発生や、特殊行動の「血投げ」など
  • 性欲  … 宝箱やトレジャーの取得、エモーションポイントの取得、戦闘中の「舐める」など
  • 睡眠欲 … ジェイルの睡眠中にダメージを受けずに行動する

また、ゲージの下にあるメーターはジェイルの「機嫌」を表し、戦闘を行うたびに上昇、ジェイルボーナスの発生で減少します。このメーターが上がる=ジェイルの機嫌が悪くなると画面が騒がしくなるほか、敵が強くなったり突然ナイトメアが出現するといったデメリットがあります。拠点に帰還することでリセットされます。

ジェイルボーナス

5択のルーレット形式で様々な恩恵が得られます。移動中と戦闘中で項目は別。また、新システムのジェイルマネージでこの項目をある程度任意のものに変えることができます。

成長エリア

前作のようなフロアごとではなく、エリアごとのおまけ的な隠しフロアとして存在します。ナイトメアの撃破後に移動中のジェイルボーナスを発生させると「成長エリアが解放された」という表示が出て、隠しフロアへの階段に到達できるようになります。ただし、例えば隠しフロアが6区だとしても、階段の場所は5区とは限りません。

もちろん探索必須ではないものの、この成長エリアでしか入手できないアクションアイテムや、ここでしか出現しないと思われる依頼の討伐対象もいます。数千Gを入手できる金塊があるのも特徴です。

放浪商人

各エリアに一定確率で出現する商人。本作ではくららが担当し、物資販売所にはない装備品やプレゼントも購入することができます。ラインナップはエリアごと扱う品が決まっており、その中から探索毎やロード毎で変化します。ジェイルボーナスの「放浪商人遭遇率上昇」で遭遇率を上げることも可能。また、ランダムでサービスのアイテムがもらえたり、20%オフや50%オフのときがあったりします。

ナイトメア

各エリアに棲むボス的存在。リアルタイムでエリア内をうろついており、広範囲に「白い闇」を纏っています。その白い闇に飲み込まれると虐殺鬼ごっこがスタート。各エリアの深部にある「コア」を破壊しない限り倒すことはできないので、それまでは逃げるしかありません。

コアの破壊後は、大抵その先のイベントポイントにて決着を着けることになります。その際はまず前哨戦的な「部位破壊戦」が入り、それですべての部位を破壊すると本戦へ移行します。
また、虐殺鬼ごっこ中の戦闘も含め、ナイトメアはリアルタイムで行動順を速める性質があります。つまりモタモタしていると余分に行動されてしまうので、行動選択はできるだけ素早く行いましょう。

虐殺鬼ごっこ

  • メニューは開けない
  • 難易度「EASY」でないとマップが表示されない
  • ナイトメアは扉も開けるし階も移動してくる
  • ナイトメアを倒すことはできないが、ダメージを与えることで数秒間「ノックダウン」させることはできる
  • 鬼ごっこ中に通常の敵とエンカウントすると「ブッキングバトル」となる
  • 鬼ごっこ中は常時戦闘中扱いとなり、バトルを終えてもジェノサイドなどのモードが継続する
  • ある程度の距離を離れれば逃亡成功となり、簡単な報酬アイテムが得られる

本作はオリジナル版の前作に比べてノックダウンさせるのもなかなか難儀なうえ、下手にギミックと合わさるとハマる状況にもなりかねません。避けられるなら避けるに越したことはないでしょう。

新システム

かごめかごめ効果
武器やスキルに「血走り効果」が付着していると、攻撃時に確率で相手を「大量出血させ、かつ後ろを向かせて無防備にできる」という大変有利なシステム。ただ、この「血走り効果」が、装備品は「血」アイコンが該当しますが、スキルはどこに表記されているのかちょっとわかりません。
クリティカル予告
行動前にカットインが入ると必ずクリティカルが発生するという、どことなくスロット的なシステム。単純に発生すれば嬉しい演出です。最高3段階まであり、高いほど威力も上がります。
抱きとめる
ブラッドスケルター化した血式少女やジャックリッパー化したジャックに対して使用するコマンド。要するに自らが盾になることで、ほかの仲間へ攻撃されることを防ぎます。
詠唱スキル
主に全体対象の通常スキルとリビングディクショナリは数ターンの「詠唱」を必要とします。この詠唱中に攻撃されると確率で詠唱中断となってしまうので注意。逆に敵が詠唱を始めたら優先的に攻撃して阻止しましょう。
AI扉
一部の扉は音声付きでアクションアイテムという要するにイベントアイテムを求めてきて、間違ったものを指定するとエンカウントが発生したり全員がダメージを受けたりします。大抵は現在のフロアとアクションアイテムの名称で判別できますが、扉の色や模様で判別するパターンや、親指姫の「プチプリンセス」で小型化させる必要があるパターンもあります。
その他
ユ血スキル装備品スキルブラッドファームトライジェイルジェイルマネージは各項目をご覧ください。

装備品の付加効果

主にブラッドファームで収穫した装備品は、下記4種の付加効果が付いていることがあります。アップデートチャンスも含めれば4種すべてが付くことも珍しくはありません。

称号
頭に付く「○式」のこと。今作では武器にも付与されるようになりました。詳細は称号をご覧ください。
強化値
末尾に付く「+○○」の部分。血式兵器製造所で「+20」まで強化できますが、天然物なら「+99」まで存在します。ただ、前作と違って強化されるパラメータは強化値毎に異なるため、強化値が高くても思ったほど強くなかった…なんてこともしばしばです。
属性
右側に最大2つ表示されるアイコンのこと。左の「血」「鋭」「殴」はそれぞれ下記の効果であり、アイコンの色は「シルバー、ゴールド、プラチナ」の3段階で効果の上昇度合いを表します。効果は重複します。
  • 血 … 血走。かごめかごめ効果が発生する
  • 鋭 … 鋭利。出血量が増加する
  • 殴 … 殴打。クリティカル率が上昇する

ただ、右側の状態異常系のアイコンの効果は未だに不明。付与もせず防ぎもしません。
装備品スキル
装備することで使用可能になるスキル。詳細は装備品スキルをご覧ください。

獄中童話幻日譚

■ 公式ページ
http://www.compileheart.com/mary-skelter/tuu/special/ss.php

前作にもあった公式の前日譚。できれば始める前に読んでおきましょう。

主題歌

■ ウィッチクラフト《テオフィルの奇蹟》
https://www.youtube.com/watch?v=7yiWihWUSSM

前作と同じく親指姫・白雪姫・眠り姫の中の人たちのユニット「イヤホンズ」が担当。

恋獄塔 めありーすけるたー

■ 公式ページ
http://www.compileheart.com/mary-skelter/tuu/lovelove/

予約特典でDL可能になる恋愛ADVゲーム。
まだ未プレイですが、恐らくシュタインズゲートで言う「比翼恋理のだーりん」的な位置付けでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^