仲間 ‐ ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙

スポンサーリンク

主人公

不死身で記憶喪失の青年。
本作のストーリーは彼の出自を追うことがメインになります。主人公の特性か、基本的に無口のようです。
パーティーの位置付けとしては、攻撃も十分いけるのに、本作の習得魔法の関係からどうしても回復を担当することが多くなりそう。主人公が行動不能だとほかの仲間が強制オート戦闘になってしまう点には注意を。

レイオン

クノッソスで飛び降りショーを披露していた青年。不死身で記憶喪失。
積極的で無鉄砲なところが長所かつ短所であり、無口な主人公にかわってパーティーの発言者を担当します。また、その割にはマメな一面もあるようで、イベントごとにレイオンの日記を記します。
正式な仲間で回復魔法を扱えるのは主人公とこのレイオンだけですが、こちらは「タクストン」という強力な自己強化が可能な魔法を習得するため、ボス戦ではヘラクレス以上のアタッカーになることも。

ヘラクレス

シリーズのタイトルキャラ。
本作では自分の意思で地上に降りたことから従来の力を発揮できない制約を受けており、またそれ以上にちょくちょく一時離脱するのが使い辛いところです。これまで通り魔法は一切使えないものの、オート戦闘時に限り天に祈って魔法のような攻撃をしたり、大地に祈って全体回復をしてくれることがあります。

ステイア

テミシオスの召使いの女性。不死身で記憶喪失。
テミシオスの没後、サブ仲間から正式な仲間に昇格します。レイオンの日記では「大人しすぎる」と書かれていますがそんなことはなく、むしろレイオンに突っかかったり窘めたりします。パーティーでは主に攻撃と補助魔法を担当。

謎の男

とある場所で加わる謎の男。やはり不死身で記憶喪失。
少しはまとまってきた情報を再び混乱させるような登場をするため、レイオンには初対面から猛烈に嫌われます。グラフィックは金髪の青年なのでしょうが、どうしても半端な仮面を被っているようにしか見えません。
パーティーでは攻撃も魔法もそれなりにこなせる一応の万能型。ボス戦では手が空いてしまうこともありますが、本作は道具使用が優秀な効果を持つ装備品が多いため、それらがあれば無問題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^