その他の登場人物 ‐ ゴッドウォーズ 日本神話大戦

スポンサーリンク

ツクヨミ

中村千絵

富士の女王。カグヤたち三姉妹の母。
13年前のサクヤの生贄以降、キツネという男に政務を一任して行方不明になっています。

イワナガ

氷青

富士の長女。カグヤとサクヤの姉。
とある出来事により霊力を失い、諏訪の岩陰の庵で静かに暮らしています。主人公の実姉にしてはチョイ役だなあと思いきや、黄泉の迷宮にて意外な人物との繋がりや霊力を失った理由が明かされます。

キツネ

松田太紀

ツクヨミの名代。
行方不明になったツクヨミに代わって富士を取り仕切る、色々な意味で怪しすぎる男。

スサノオ

てらそままさき

出雲の国王。オオクニヌシの父。
一代で出雲を強国にしたという英傑。国がある程度大きくなってからは、軍事力よりも経済力と技術力を伸ばす方針に切り替える柔軟な思考も持っています。

タギツ

西村華奈穂

宗像の主。サヨリの姉。
グラフィック持ちなのに、宗像に着いた一行にまずは佐賀へ向かえと教えてくれるだけのチョイ役です。妹と違ってオオクニヌシに甘く、公務の場でも「お姉ちゃんと呼んで♪」などと言ったりします。

タマヨリ

篠田有香

佐賀の女王。
タギツと同じくグラフィック持ちなのに、佐賀に着いた一行に日向への案内としてウズメを付けてくれるだけのチョイ役です。個人的には本作で一番好きな見た目をしているので、プレイアブルキャラ化とまではいかなくとも、何らかの場面で再登場してほしかった。

オトヒメ

中村千絵

竜宮城の主。
さり気なく一行にウラシマの身分を教えたり、後々に重要になる物を授けてくれたり、カメ軍団で送ってくれたりしますが、やはり上2人と同じくグラフィック持ちのチョイ役の域を出ません。

アマテラス

園崎未恵

日向の女王。モモタロウとウラシマの母。
ツクヨミやスサノオよりも若く、火山の被害もあって領土を広げることに執心しています。

サルタヒコ

大田英司

アマテラスの腹心の武人。
結構なオッサンですが、そのダンディな顔立ちは女性人気が高いらしく、ウズメも「いい男」と評して無理やり一緒に踊ったりします。好戦的なモモタロウよりも慎重なウラシマを高く買っている模様。

クシナダ

出雲の女王。オオクニヌシの母。
オオクニヌシは彼女似と思われます。スサノオとの年齢差は結構ありそう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^