攻略チャート (5) ‐ ファイナルファンタジー2

スポンサーリンク

フィン

ヒルダとゴードンから「たつまき」のキーワードを聞いたら、それをポールに告げると秘蔵のお宝8点を差し出してくれます。優秀なくろしょうぞくや2本目のブラッドソードなど、ありがたく頂戴しておきましょう。

竜巻へ乗り込むには、フィン城の2Fにある鏡の間の鏡に向かって「ペンダント」を使用すると、前に泉に沈めた卵の飛竜が飛んできてアイテム「ひりゅう」の入手となり、これで竜巻に隣接すれば入れるようになります。

竜巻

出口はありません。脱出はテレポで。ここはウッドゴーレムというギガース系の強化版のような敵が非常に厄介。炎が弱点なのでファイアのほうがダメージを与えられるかもしれません。

6Fのウィンドフルートの宝箱から出現するグリーンドラゴンはホワイトドラゴンと同様に呪いが効きにくい難敵。宝箱の中身も大したものではないのでスルーが無難です。

7Fの赤絨毯まで進むと、2度のしんえいたいx2~4との前座戦を経てこうてい&お供と決戦へ。

こうてい & お供

お供はウッドゴーレムとしんえいたいx2。肝心のこうていは別段いやらしい行動をしてくるわけでもなく、ここまで来れたなら苦戦要素はないでしょう。

撃破後、自動的にフィン城へ凱旋します。

フィン城

お祝いのパーティーが開かれ、ヒルダやゴードンらが棒立ちの一行をよそに踊り狂うところ、そこへダークナイトことレオンハルトが新たに皇帝に就任したとの報が入ります。
仕切り直したヒルダたちから「パラメキア」のキーワードを聞き、フィンのポール家にて瀕死のシドに話しかけると飛空船を「貸して」くれます。ポフトで飛空船を入手し、空からパラメキアへ。

なお、この時点でリチャードをディストの母子のところへ連れて行くと、リチャードの遠回しかつやや狡猾なプロポーズを聞くことができます。

パラメキア

ここは出口がなくテレポも使用できず、一度入ったらクリアするまで出られません。7Fから始まりますがすぐに落とし穴に落ち、結局1Fからのスタートになります。

3Fの左下のサンダースピアで出現するこうていののろいは本家よりもステータスが高く、デスの全体がけをしてくる難敵です。槍装備者がいなければスルーでも。
6Fのサンブレードラミアクイーン&クアールx0~4との戦闘を伴いますが、こちらはどうにか入手しておきたいところ。クアールの攻撃の即死の追加効果に要注意。

そして8Fでレオンハルトと対峙するというところ、ここで本物の皇帝が地獄から蘇り、リチャードが身を挺して一行を逃がし、そのまま離脱…。

フィン城

ついにレオンハルトが再加入します。
ヒルダから「ジェイド」のキーワードを聞いたら、ラストダンジョンへ行く前にディストへ。

ディスト

エリナに「りゅうきし」について聞くと、竜騎士団の最高の宝エクスカリバーを譲ってくれます。
ジェイドはミシディアから東へ進んだ端にあります。

ジェイド

ラストダンジョンへ続く道。ここからザコ敵もますます強力になり、宝箱からもボスクラスが出現します。レオンハルト以外の3名は武器レベルが最大の16に達していたいところです。テレポは使用できるので、無理せず小まめに帰還しながら進みましょう。

B1は右下の扉、B2は右上の扉、B3は右下の右の扉、B4とB5は右下の扉が正解です。B3の滝の一番下の裏側には隠しの魔法屋あり。B4の上の扉の中にはイージスのたてなどの3つの宝箱があります。

最深部のB6では、最後の空間の中央付近へ行くとパンデモニウムへワープします。

パンデモニウム

ラストダンジョン。引き続きテレポは使用可能です。

最強剣のマサムネは、2回ワープを経由した4つの入口の一番左に入り、最奥の柱が1つだけある小部屋の右の隠し通路の先にあります。前作に引き続き抜けた性能を誇るので必ず入手を。

ほかの宝箱、特に源氏シリーズは回避を著しく下げるのと、ボスクラスとの戦闘を伴うことからもスルーを推奨。リボンだけは取得する価値があるかもしれませんが、ラミアクィーンからでも狙えます。なお、その4つの入口は右から2番目が正ルートであり、以降はほぼ一本道となります。

最深部の宇宙的な空間でこうていとのラストバトルへ。

こうてい

以前とはスケールの異なる真の皇帝。高レベルのブラインだのカーズだのフレアだの隕石だの使ってきますが、最も脅威なのは攻撃力と防御力の高さなので、これまで通り「こだいのつるぎ」で呪いにするのが基本となります。それでも厳しいようならやはり「ブラッドソード」を。

撃破でエンディングへ。ウボァー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^