仲間 ‐ 弁慶外伝 沙の章

スポンサーリンク

不動(ふどう)

主人公。性別設定可能。
四国の修門砦にて才蔵に育てられていた沙の者。前作と同じく基本的にしゃべらないタイプの主人公ですが、前作と同じくなぜか序盤のみ台詞が用意されています。日本編では専用の式符をフル活用しましょう。

巳陰(みかげ)

メインメンバーの一人。
長門の練武館で佐助に育てられていた沙の者。通常攻撃もそこそこいけますが、習得する法術のラインナップから回復や補助を担当することになるでしょう。武器は素早さが上がるものを優先的に持たせたい。

常由(とこよ)

メインメンバーの一人。
巳陰と同じく長門の練武館で佐助に育てられていた沙の者。無骨な見た目の通り法術は一切おぼえず、変わりに剣術を習得する生粋の攻撃担当。剣術は剣か刀の装備中でないと使えないのと、使用ごと変な音楽が鳴る点に注意を。

鳴沙(めいさ)

メインメンバーの一人。
登場自体は早いものの、いろいろあって中国編の開始と同時に正式加入となります。不動や巳陰のほぼ倍の法術を習得する生粋の法術担当。特に「止盾」や「反気法」は終盤の命綱となります。

薩摩軍のリーダー。
桜島城砦でスポット加入します。その正体は二海堂家の信乃姫。レベル上限が30しかないかわり、そこまでハイペースで到達し、その時点ではまず最強キャラとなります。エンディングではとあるキャラの後日談に登場。

弁慶

タイトルキャラ。
なのですが、基本情報にも記載した通り今作ではなぜかNPCであり、強いのにたまにしか攻撃してくれないもどかしいキャラとなっています。せめて特定のボス戦では攻撃率100%とかにしてほしかった。

白蓮

中国の長沙の村の少年。
不動が崑崙を目指していることを知るや、無理やりNPCとして加わります。一応レベルの概念はあるものの、基本的に戦力として期待してはいけません。とある場面の瞬間移動は何の力なのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^