ウィッシュルーム 天使の記憶 レビュー

スポンサーリンク

DSでミステリー

機種 ニンテンドーDS
ジャンル アドベンチャー
発売元 CING
発売日 2007年1月25日
評点   (7点)

CMのときから惹かれていたDSの雰囲気あるアドベンチャー。
「願いが叶う部屋」があるというホテル・ダスクにて、元刑事で今は少し特殊なセールスマンをしている主人公のカイル・ハイドが、宿泊客に横柄に絡んだりしながらいろいろな真相を解き明かしていくという奇妙な一夜の物語。

個人的に久々の縦持ち作品だったのと、文章めくりが画面の下部をタッチしないといけないなどの操作性に少々戸惑い、またパズルや鍵空けなどのアクションはDS初期作品によく見られるタッチペンを「無理やり活かそうとしている感」を受けます。

そして驚いたのが、割かし簡単にGAME OVERになってしまうこと。特に序盤、ちょっとしつこく聞き過ぎたり、密かな探索中に物音を立てたりすると、陽気なBGMと共にホテルを追い出されてしまうので、細やかなセーブが必須になってきます。アドベンチャーはそれほど詳しいほうではありませんが、こういうのはファミコン時代に多かった印象です。

しかし、それらのことなどどうでもよくなるくらい、さすが雰囲気が秀逸です。
これ本当にオリジナルなのでしょうか?まるで海外作品を移植したかのように、およそ日本離れした空気に圧倒されます。何も物語の舞台がアメリカだからということではなくて、グラフィックのタッチとか、ペラペラマンガのような(褒めています)動きとか、細部に至るまでが実に丁寧に作り込まれていて、それをダブルスクリーンを上手く活かして表現しています。レイチェルとの電話とか本当に洒落ていると思う。

小心者の自分は電車の中でDSを開くことは滅多にないのですが、本作に関してはむしろ誇示したいというか、「自分今こういうゲームやってるんですよー」と言いふらしたくなるような魅力がありました。開発元が倒産してしまったので、もうこの流れを汲む作品は出ないのでしょうか。だとしたら惜しすぎる、良質な作品です。

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^