ホワイトライオン伝説 ピラミッドの彼方に レビュー

スポンサーリンク

きぼう・ゆうき・ゆめ

機種 ファミリーコンピュータ
ジャンル RPG
発売元 ケムコ
発売日 1989年7月14日
評点   (5点)

ホワイトライオンの謎を求めて消息を絶ってしまった両親を探すため、娘のマリアが旅出つというファミコンのRPG。

本作最大の特徴は、余計なものを極力削ぎ落としたそのシンプルなシステムにあります。存在するステータスはレベル・HP・MP(的なもの)の三つのみで、さらにそれらをきぼう・ゆうき・ゆめと名称変更する独自のエッセンスを加え、RPGに慣れた人でも新鮮な気持ちで挑むことができます。

他にも経験値の概念がない、装備の概念がない、お金にそんなに困らない、移動中の回復手段が薬草的アイテムの「パンのみ」しかないなどないないづくしで、戦闘こそ「ゆめ」を消費して精霊を呼び出すなど多少凝ってはいるものの、基本的に考えることは少なめです。レベルはダンジョンの宝箱から「きぼうのかけら」を拾うことで上がっていき、この時期の作品にしては「稼ぎ」という行為がほとんど必要ないというサクサク感が爽快でした。

肝心のストーリーは一見まとまっているようでまとまっていなく、謎は謎のままさらに膨らんで残っているけれどそれなりに綺麗に終わる感じです。まあ一応映画「ピラミッドの彼方に -ホワイトライオン伝説-」のゲーム化ということなので、そちらを観たり、さらに原作の「白いライオン伝説」も読んだりすることで補完されるものなのかもしれません。それ以前に、なぜさして有名でもない映画がゲーム化されたかのほうが謎なんじゃないかとも思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^