第2次スーパーロボット大戦 レビュー

スポンサーリンク

かんせつこうげきが つうようしない!

機種 ファミリーコンピュータ
ジャンル シミュレーションRPG
発売元 バンプレスト
発売日 1991年12月29日
評点   (7点)

個人的にはいつの間にか出ていたという印象のシリーズ第2弾。
戦闘の演出や、相変わらず武器が無制限だったりとまだまだ未完成な面はありますが、何より本作からパイロットの概念ができたので、ストーリー面は後のスパロボの雰囲気にグッと近くなったと思います。

参戦作品は前作と同じ御三家に加え、何気にバンプレストオリジナルのサイバスターやグランゾンが早くも初登場。あのサイフラッシュを放つ登場シーンに羨望を抱いた人も多いのではないでしょうか。

巷では次作の「第3次」「F完」あたりがシリーズの最高難易度と言われていますが、個人的にはとんでもない!未整備の精神コマンドと改造の概念のない機体性能が、予め設定された厳しめのバランスとの逃げ場のないガチンコ勝負を強いてくる本作こそ、間違いなくシリーズの最高難易度だと思います。

弱い機体はとことん弱く、強い機体は本当に強い。例えば昨今のスパロボの中盤で大ボスが「機体調整」などの名目で突如現れた場合、それはもういかにして撤退前に撃破できるかという話になってくると思うのですが、本作の場合そんな余裕は一切なく、圧倒的な性能差の前にただただ愕然とさせられるのみ。例えばグラナダで突如現れるグランゾンの前には泣きながら逃げ回ることしかできません。なんなんだ「かんせつこうげきが つうようしない!」って。

他、途中で抜ける仲間には経験値を一切与えないとか、移動しない敵にはサイフラッシュでちまちま削るといった姑息な小技を用いないと、中盤以降の激戦には耐えられないと思います。ファンネルやヴェスバーやシャインスパーク、MAP兵器のサイフラッシュまでもが撃ち放題だというのに難しいというこの意味、果たして伝わるでしょうか。

「F」をベースにしたPSのリメイクや、GBでの妙なリメイクもされている本作ですが、今のスパロボにゆるさを感じているならば、ぜひともこのオリジナル版をプレイしてみてほしいもの。改造というものの素晴らしさ、整備されたの精神コマンドの素晴らしさを改めて知ることのできる、貴重なシリーズ第2弾です。

攻略ページ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^