シャイニング・フォース2 古えの封印 レビュー

スポンサーリンク

前作とは違う感動

機種 メガドライブ
ジャンル シミュレーションRPG
発売元 ソニック
発売日 1993年10月1日
評点   (10点)

当時のメガドライブを代表するシミュレーションRPGの待望の続編!
といってもストーリーとしてのかかわりはほとんどなく、会話中に前作の敵キャラの名前がほんのちょっと出てくる程度。本作の発売前にゲームギアで「外伝」が2作発売されてるのですが、設定背景としてはそちらのほうが断然続編としての要素が強かったように思います。

本作の舞台は前作と全然違うところに位置するグランス島という島で、ここで一匹の泥棒ネズミがとある宝石を盗み出し、ゼオンという大悪魔が復活してしまったからさあ大変。

システム面ではまずランダム戦闘が追加され、いつでも弱い敵に会えるのでキャラを育てそびれる心配がなくなったのと、前作で不評だったであろうレベルアップ時の経験値の切り捨てや、転職によるステータスの低下もなくなりました。全体的にキャラが育てやすく改善されています。

なので難易度が低下しているのかと思いきや…とんでもない!
その予想は真逆に大きく外れまくり、むしろ前作なんぞ問題にならないぐらいの凶悪な難易度が待ち構えています。特にクラーケン戦チェスの軍隊戦なんかはなにこれ?と思わんばかりの異常な難易度で中盤の壁となること必至。後半は後半で敵味方の攻撃力がインフレ状態になり、中途半端なキャラが突っ立っていると僧侶系の敵の直接攻撃一撃で葬られたりします。ボスキャラは変則的な二回行動が多く、特にラスボスは味方を半壊させる「デーモンブレス」を容赦なく連続で吹き付けてくるので、回復する間すらないことも。
自分の初回プレイでは、後半の戦闘終了時に立っているのは大抵ボウイとピーターぐらいのものでした。

手強い難易度が織り成すゲーム性はかなりの出来映えで、これだけでも十分に名作と呼べるものなのですが、本作最大の魅力は、前作とはまた似ても似つかないストーリーとその雰囲気にあると思います。

特にラストシーンはあんななので、当時妙に小っ恥ずかしい印象を抱いた人も多いのではないかと思いますが、そういう人ほどある程度の大人になってからもう一度プレイしてほしいもの。小さい頃に読んだ絵本の別の魅力に気付くような、そんな感動が味わえるかもしれません。

攻略ページ

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^