ラビッシュブレイズン レビュー

スポンサーリンク

あんまりソワソワしないで♪

機種 プレイステーション
ジャンル RPG
発売元 パンドラボックス
発売日 2000年4月27日
評点   (6点)

安さがウリの「パンドラMAXシリーズ」第3弾に当たるこの作品。
正直このシリーズがどのくらいの知名度を持つかは想像に難くないところではありますが、どうにかして本作のオープニング「好き好き勇者さま」にたどり着いた人なら、きっと誰もが「安い」「軽い」等の印象を持つことでしょう。そしてその印象はほぼ100%間違っておりません。

主人公は容姿だけは端麗で、「モテたい」という不純な動機で勇者に立候補するアルフレッド。ヒロインはそんなアルフレッドにメロメロな天然娘イリーシャ。イリーシャも可愛いのに、アルフレッドは意に介さず他の女の子を口説いてばかり。そんなアルフレッドに、今日もイリーシャの魔法の鉄槌が…。

もうお腹いっぱいです。

まるで80年代のアニメのような展開とノリで突き進む非常に軽薄なストーリー。グラフィックは綺麗な部類に入るのに、諸所の演出がこれまた非常に安っぽく、またRPGとしては極めて普通なシステムで、おまけ的な「運勢」という要素以外特筆するものもなし。そして、予定のない休日だと一日で終わってしまうほどの短さ。まるで「ああ、さすが1980円だな」という価格を常々実感させてくれているようです。

しかし、徹底したこの雰囲気が小気味良くもあります。
この手の作品は往々にして、例えばヒロインを失いかけた主人公が今更ながらその魅力に気付いたりし、らしからぬシリアスな展開に突入したりすることが多いのですけれど、本作はそのような心配なく、アルフレッドはアルフレッドのまま、イリーシャはイリーシャのまま、そして他の騒がしい面々も含んで大団円を迎えます。

「安い」「軽い」そして「短い」の三拍子が揃った内容はお世辞にも「値段より全然楽しめたよ!」なんて言えたものではなく、むしろ堂々とした適正価格といったところ。そして、時にはこんな「価格通り」の内容が嬉しかったりするのです。

攻略ページ

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^