ロマンシング サ・ガ レビュー

スポンサーリンク

ねんがんの ロマサガをレビューするぞ

機種 スーパーファミコン
ジャンル RPG
発売元 スクウェア
発売日 1992年1月28日
評点   (8点)

スーパーファミコンのサガシリーズ第1弾。ゲームボーイで少しでもサガにはまった人や、当時のスクウェアの勢いも手伝って、多くの人がプレイしたヒット作です。自分もアルベルト主人公でしかまともにプレイしたことがないという偏りっぷりながら、なんやかんやで5~6周はプレイしていると思います。

しかし振り返ってみると、結構ひどい作品だなとも思うのです。
例えばシステム面。一部の最強技がバグっているとか、魔法の大半が役に立たないとか、防具の装備箇所が無駄に多い割にアイテムが少ないとか、最重要アイテムのはずのデステニィストーンに道具としての価値がほとんどないとか…、冷静に考えたらどうなの?と思えるような不備が目立ちます。特にデステニィストーンは「時空戦記ムー」のジュエルを見習ってほしいもの。

また敵の強弱のバランスもひどい。やられても戦闘終了後に復活する仕様のせいか強い敵は容赦がなく、中盤以降スカルゴイルの「流星剣」に始まり、「火の鳥」「ふぶき」「ダークウェブ」といった強烈な全体攻撃の数々に何度全滅の憂き目に遭ったかわかりません。「ハヤブサキャンセル」はもはや常套手段です。

そして一番物申したいのが、9999以上のお金はお店で何かを売ってジュエルに換えないとそれ以上持つことができないという狂った超絶仕様ですよ。加えて宝箱の中身の大半がお金という偏りっぷりなので、後半のダンジョンでは異常な数の敵のせいで簡単に金9999に達してしまい、最深部の宝箱が開けられないという事態も引き起こりました。当時はただ不便ということで受け入れていたこの仕様、今考えるともはやバグの域なのではないかと。せめてハイドライド3みたいに両替機でも持たせておくれ。

一応8人の主人公とフリーシナリオがウリだったとは思うのですが、前述のように自分はアルベルトでしかまともにプレイしたことがないくらいそのへんはどうでもいいことなので、それでも何周もプレイしたというのは上記のようなひどい面があったとしても、それを補って有り余る魅力的な部分があったということなのでしょう。それが何なのかは正直判然としませんが、アルベルトのテーマを聴くと今でも心が躍る、不思議な魅力に包まれた作品です。

攻略ページ

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^