桃太郎伝説 レビュー

スポンサーリンク

機種 ファミリーコンピュータ
ジャンル RPG
発売元 ハドソン
発売日 1987年10月26日
評点   (7点)

今やすっかり鉄道のほうが有名な、そんな桃太郎シリーズの初代作。
タイトルも主人公も桃太郎ですが、金太郎や浦島太郎、かぐや姫といった他のおとぎばなしの登場人物も出演し、カッコ良く言えば「おとぎばなしのクロスオーバー」とも取れる世界観を舞台に繰り広げられるRPGです。ラスボスは鬼ヶ島にいるえんま大王。

システム的には至って普通のRPGなのですが、やはり世界観が特殊なのと、ギャグテイストの強い作風が当時の子供にウケたようで、ファミコンのRPGの中では割かし有名な部類に入ると思います。

しかしながら、本作をまともにクリアした人がどれだけいるのでしょうか?
というのも、本作は最高レベルのデータの天の声(パスワード)が僅か1文字で打ててしまうため、正直まともにプレイする気が起きないのです。実際自分も小学生の頃はこの天の声で始めてえんま様を倒し、クリア後にできるマップの高速移動で遊んでばかりいました。

で、まともにプレイしてみたのがそれから数十年後のことなのですけれど、これがまたやたらと難しいのですよ。段(レベル)の上がりやすさはこの時代のRPGにしては速いほうなのに、敵に先制されやすいバランスと、いやらしい攻撃の数々、ダンジョンの意地悪な構成などが難易度を吊り上げています。毒の沼地もめっちゃ痛いです。
そもそもラスボスのえんま様からして、最高レベル・最強装備でもそこそこ苦戦させられます。ドラクエ2のシドーのベホマは衝撃的ですが、えんま様のこうがしゃのタマも十分衝撃的でした。

音楽をサザンの関口さんが担当しているという贅沢な作品でもあります。天の声入力画面の曲、そのまんま「天の声」はファミコン屈指の名曲。ほほえみの村のBGMも本作のテイストが一番好きです。

RPGとしての完成度はまちまちですが、その後のシリーズ展開を見るに、可愛らしいキャラクターデザインとゆるい作風がヒットの要因ではないかと思います。でもまさかボードゲームが主流のシリーズになろうとは、さすがに製作側も予想外だったでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^