ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~ レビュー

スポンサーリンク

アカネイアオールスター

機種 ニンテンドーDS
ジャンル シミュレーションRPG
発売元 任天堂
発売日 2010年7月15日
評点   (9点)

スーパーファミコン「ファイアーエムブレム 紋章の謎」のリメイクDS版。
「マイユニット」というオリジナルキャラが追加され、マルス様を「影」として支えたもうひとりの英雄の存在として、SFC版の第二部を焼き直しました。

まず驚いたのが、加わる面子の増大ですよ。従来の面子に加え、マイユニットとヒロイン、1部のみの登場だったキャラ、一度は歴史から消去されたキャラ、前作「新・暗黒竜と光の剣」で新たに登場したキャラ、マニアック極まりないサテラビュー「アカネイア戦記」で登場したキャラ、さらに終盤では条件を満たすとあの御方までもが加わるというまさにオールスターな増えっぷり。中途半端な増加では首を傾げたくもなりますが、ここまで徹底していると逆に好感が持てるというものです。

この増加ぶりに加え、マイユニットを中心としたキャラ同士の絡みが豊富に用意されているのが嬉しい限り。旧作からやり込んでいる身としては、散り際しか台詞のなかった方々が喋っているだけでも新鮮なのに、ルークやロディは立場上プロローグから頻繁に登場して、マイユニットと活き活きとした会話を繰り広げるものだからもう感動もの。またハーディンズ狼騎士団を説得するときの葛藤も良く、「こういう風なやりとりがあったんだろうな」というものが見事に実現されていたように思います。

本編以外にもサテラビュー「アカネイア戦記」のシナリオがプレイできたり、オリジナルのシナリオが配信されるのも新鮮で、それらの難易度が手強いのも好印象。このアカネイア大陸を扱うファイアーエムブレムではまさしく「集大成」と言える作品に仕上がっていると思います。

不満というか疑問だったのは、本作はあくまで「影の英雄」のマイユニットが主軸のはずなのでで、だからプロローグは良かったのですが、そこからSFC版と基本変わらぬ展開になってしまったのは少々残念なところ。やはり影なのですから、マルスたちの戦いを「表」として、「裏」の戦いを指揮するような場面が何度か欲しかったとも思うのです。「外伝」や「ティアリングサーガ」のように、例えば「裏」で敵を多く倒したら「表」の増援が抑えられるとか。そっちのほうがいかにも「影」っぽさが強調されていたと思います。

とはいえ、オリジナルが自分の中で屈指の神作だけに、不安のほうが勝っていた発売前の心境からすると、完成度の高い作品として上手にまとめてもらえた安堵感が勝ります。やはりファイアーエムブレムはこのアカネイア大陸で、マルス様を中心とした物語が一番しっくりきます。

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^