ドラゴンクエスト レビュー

スポンサーリンク

偉大なり

機種 ファミリーコンピュータ
ジャンル RPG
発売元 エニックス
発売日 1986年5月27日
評点   (7点)

いまさらレビューすることすら憚られそうな国民的シリーズの初代作。

「はなす」で東西南北を選択することや、宿屋のBGMが違うこと、また階段がコマンドなんてのも今や語り草でしょう。しかし改めてこのオリジナル版をプレイしてみると、何よりもレベルの上がりにくさに驚かされます。様々な作品に影響を与えたとされる本作がこんなバランスなのですから、当時の作品で「レベル上げ」という行為が必須だったのもうなずけるというものでしょうか。

自分自身、恐らく本作が初めてプレイしたRPGなのですが、自分の場合は既にクリア済みの兄の存在があったので、プレイするというよりは指南を受けている感覚に近く、本作を通してRPGの基礎を学んだという感じでした。
それでも、ラダトーム南西では大さそりにやられ、リムルダールへの洞窟を抜けてはリカントにやられ、ドムドーラへの橋を越えてはキメラにやられ、竜王の城ではダースドラゴンに熟睡したままやられ、基本的な死に所は体験したと思います。

反対に、それ以外のストーリー的部分についてはほぼ指南書通りのプレイで、「たいようのいし」や「ロトのよろい」、「ロトのしるし」もまったく迷うことなく入手させてもらいました。攻略サイトなど存在しないようなこの時代に、当時の先達はよくこれらのアイテムを発見できたものだと思います。

レベル18で挑んだ竜王は変身前こそ楽勝だったものの、その正体の鱗にはロトの剣といえど一桁のダメージしか与えられず、泣きそうな自分に兄は「落ち着け!」と一喝し、兄の指示通りのタイミングでベホイミを唱え、からくも撃破することができたのは良い想い出です。竜王戦だけダメージを受けたときの画面の揺れかたが違うとか、そういう細かい部分まで強烈に印象に残っています。

初代作ということでまだモノクロの印象があるものの、当時の作品でこの完成度はやはり別格。
有名になるべくして有名になった、偉大なシリーズ初代作なのだと思います。

攻略ページ

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^