アークザラッド レビュー

スポンサーリンク

光と音のRPG

機種 プレイステーション
ジャンル シミュレーションRPG
発売元 SCE
発売日 1995年6月30日
評点   (5点)

プレイステーション初のRPG(実際はシミュレーションRPG)ということで、とにかく話題性はありました。プレイステーションを所持していたRPG好きの人ならば大抵はプレイしている王道的な作品ではないでしょうか。

しかしなぜか自分は手を出さずに、また同じRPG好きの友人が「超短けぇ」や「ラスボス超弱ぇ」などの不満をぼやきまくっていたため中古に激安で並ぶようになっても手が出ず、結局発売10年以上経ってからのプレイとなりました。

確かに、短けぇ。

戦闘画面への切り替えがないのでそのぶんスピーディーというのもありましょうが、壮大な世界観を大風呂敷広げた割に、あっという間にストーリーが進行します。各地の精霊に会え ⇒ 各地 ⇒ 戦闘 ⇒ 精霊のような感じで、とにかく展開の早いこと。レベル上げもそれほど必要なく、闘技場や遺跡ダンジョンといった魅力的な要素があるものの、思ったよりやり込み要素はない感じ。闘技場は時間だけはかかりますが…。

極めつけは、ストーリーがまさにこれから!というところがエンディングということですよ。倒すべき敵も倒しておらず、正直何も解決しておらず、そしてラスボスは「超弱ぇ」なので、狐につままれたような気分のままエンディングを迎えることになります。短いという覚悟があった自分ですらそうなのですから、当時リアルタイムでプレイしていた人にしてみれば、その驚きたるや相当なものだったことでしょう。

体験版?

これは次作「2」が発売されているからこその意見になるのですが、本作と「2」を比べてもグラフィックは大差なく、BGMは共通のものも多く、また物語上の年数も大して経っていません。「2」の長さから考えたら、この初代作はまさにプロローグとも言うべき存在、大袈裟に揶揄すれば「体験版」とも言えます。

じゃあ最初から一本に纏めるべきかと言えばそうでもなく、この初代作があることで「2」がより輝くというのも事実。何よりアークがどこか箔のある「前作主人公」という立場になるのは大きいです。他の面々も同様で、「1」と「2」のキャラがうまく混ざり合った結果が「2」にはあります。例えるなら「ロードス島戦記」のパーンとスパークのような。

データのコンバートという機能もあり、そういう意味ではやはり重要な初代作、ということになるのでしょう。当時どのような構想や事情があったかはわかりませんが、どう考えても初めから「2」の大よそまでの構想はあったと考えて間違いなさそうです。

とはいえ、それでも「プレイステーション初のRPG!」と銘打って期待させ、この短さと未完のストーリーで多くのプレイヤーの肩を透かしたのもまた事実。例え続編の発売前提のものだったとしても、単体でそれなりの完結感がなければそれは作品として物語として不完全と言わざるを得ません。とにもかくにも、もうちょっとボリュームが欲しかった。

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^