アンシャントロマン レビュー

スポンサーリンク

すごすぎる

機種 プレイステーション
ジャンル RPG
発売元 日本システム
発売日 1998年4月23日
評点   (3点)

プレイステーションの誇る最大級の問題作。
自分はこの評判を重々に聞いた上でのプレイだったので相当な覚悟を持って挑めたはずなのですが…、それでも返り討ちに遭ったといったところです。

無駄に壮大で衝撃的なオープニングから始まって、どこかで強制労働をさせられている実は王子様の主人公が、仲間たちとそのどこかを抜け出して、いろいろうにゃうにゃがんばって世界に平和を取り戻すとか戻さないとかそんなお話。

ポリゴンで表示される街中などのグラフィックは悪くはありませんが、不気味にカクカクしている戦闘画面はNHK教育の番組や公共施設の案内映像を彷彿とさせ、さらに随所に挟まれる異次元ムービーが、少しでも良い部分を見つけ出そうとしているこちらの気持ちを理不尽にも吹き飛ばしていきます。

超展開のストーリー、世界観ぶち壊しのアイテム、店での仲間のヤジ、タイトルの発音など突っ込みどころは満載で、作品としては正直擁護のしようがないレベルのクオリティ。それでも、無理にでも良い部分を挙げてみようと思います。

まず、展開がサクサク!
間違っても動きがサクサクというわけではありません。例えばレベルアップの速度。特に序盤は数回の戦闘で簡単にレベルが上がり、著しい成長を実感できます。メーター表示の経験値も気持ちが良く、自ずと力が入るというものです。
また各所のダンジョンも驚きの狭さと申し訳程度の分かれ道があるくらいで、簡単に目的が果たせます。イベントの数はそれなりも、このダンジョン構成のお陰で非常にテンポが良く、およそCD2枚組とは到底思えないボリュームに収まっています。「某黄昏のオード」のように、クソゲーのくせして無駄に長いストーリーに苦しめられることはありません。

そして、間延びしない高速決着!
戦闘のバランスがこれでもかというくらい大味です。序盤から大抵の敵は通常攻撃1・2発でバビューンと飛んでいくうえ、中盤で各キャラの最強武器を入手してからはこの傾向に一層の拍車がかかります。特に力自慢のバークの攻撃力は凄まじいものになり、中盤にこんなことになると「ラスボスも数発で倒せちゃうんじゃないの」なんて錯覚めいたものを感じることもありますが、本作の場合は実際にラスボスを数発で葬ることができるという稀有な体験をさせてくれます。

さらに、パッケージや説明書のかわいらしい絵!
これだけは本当に悪くないと思う…。

古今東西クソゲーと名高い作品は多かれど、ここまで万人に理解される説得力を持ったものは希少です。特にストーリーが真面目を装っているぶん、ムービーの異次元具合が一層際立って映ります。金色に染まるカイとか、バークにしか見えないサリナの父親とかもう吹き出しそうになりました。
もはやその筋の人しか手を出さないと思われますが、そういう意味では決して期待を裏切らない秀作と言えるでしょう。評判を知っていたとしても、それなりの覚悟でお楽しみください。

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^