トレジャーギア ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「トレジャーギア」は、1997年7月31日に未来ソフトから発売されたRPG作品。
ジャンルは一応ローグライクに属しますが、従来のローグライクの仕様と異なる部分も多く、特にマス目区切りでない戦闘はアクションRPGに近いと言えます。

基本事項

  • セーブデータは1つのみ。2ブロック
  • レベルは探索ごと1に戻る
  • レベルは「30」が最高
  • 武器と盾の装備レベルは±9まで
  • やられると所持アイテム全消失
  • 「△ボタン」でアイテムソート
  • 預かり所は60個まで
  • いずれのアイテムも名前の変更が可能
  • ダメージ「∞」は121以上?
  • 各階のモンスターの沸きは限りがある
  • 敵の攻撃が敵に当たることもある

従来のローグと異なる点

ダンジョンがマス目区切りでない
上でも述べた事項。こちらが動いたぶんだけ敵も動くのは従来のローグの通りなのですが、マス目区切りでないだけに、敵のモーションのスキを突いて攻撃するなど、戦闘模様はアクションRPGに近いものとなります。
体力は自然回復しない
後述する「気力」が「満腹度」とは異なるためか、体力の自然回復はなく、回復するにはアイテムを使用するか、「回復の指輪」を装備する必要があります。ローグに慣れている人ほど戸惑うかもしれません。
気力 ≒ 満腹度
従来の「満腹度」的位置付けにある「気力」ですが、体力の増減には特にかかわってこず、尽きたとしても睡眠で回復できるなど、実際は性質の異なる存在となっています。技能の使用で消費するパラメータでもあります。

ダンジョンは「往復」

本作のダンジョンはいずれも最上階でアイテムを入手するのが目的ですが、入手後はエレベーターが下向きに変わり、つまりは「往復」する必要があります。もちろん「エスケープメダル」は使用不可。帰り道は徐々に楽になるといえ、目的のアイテムを盗まれたりして失うともう一度最上階まで取りに行かねばなりません。村に帰るまでが探索です。

職業

職業の概念も本作の特徴のひとつ。
初期の「戦士」のほか、序盤に紋章を1つ持ち帰るごと3つずつ増えていき、最終的に10個の職業が設定可能になります。詳細は職業技能をご参照のこと。

アイテムの所持数

初期状態は20個まで。アイテムの「マジックポーチ」を使えば1個ずつ増えていき、最大30個まで所持できるようになりますが、村に帰るとリセットされてしまいます。

特殊ルーム

従来のトレジャールームとモンスタールームのほか、技能使用不可で始まる「封印ルーム」があります。

恋人の症状緩和

  • 丸太キノコのエキス  … 1000ジム
  • アメフラシガエルの油 … 2000ジム
  • 黄金マグロの赤身   … 4000ジム
  • サカサコーモリの肉  … 8000ジム
  • 魔のリンゴの種    … 15000ジム
  • ヨーガの魂      … 24000ジム
  • 賢者の聖水      … 50000ジム

規定を金額を持って医者のオダに話しかけると、上記の薬で恋人の症状を和らげることができます。
ただし、これを行ったからとて特に変化はありません。最終的に恋人が安らかな寝顔にいなる程度。とはいえ、本作のお金はこれ以外の使い道もないので、適当にこなしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^