天使の詩2 堕天使の選択 ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「天使の詩2 堕天使の選択」は、「天使の詩」の続編として、1993年3月26日に発売されました。
キャラクターデザインが大きく変わったことで前作とは別物の印象を受けますが、続編としての繋がりは非常に濃く、むしろ壮大な二部構成と捉えてもいいくらいの内容となっています。それでいてシステム面は大きく向上し、何よりストーリーがよりドラマティックへと進化しました。前作でいたたまれない気持ちになった人もそうでない人も、RPG好きなら是非ともプレイしてみてほしい、個人的にPCエンジン最大の名作だと思います。

基本事項

  • レベルアップで全回復
  • セーブは各街等にいる旅の日誌屋さんにて
  • 旅の日誌屋さんの演出は前作以上に凝っている
  • RUNボタンを押すと建物やウインドウに隠れた人や宝箱が見える
  • 通行人はⅡボタンを押しながらですり抜けることができる
  • 装備中のアイテムを売ることはできない
  • アイテムはパーティー共通で、なんと160個まで所持可能
  • 仲間が離脱する際はちゃんと装備品を置いていってくれる
  • 武器それぞれに必殺技が設定されている。発動確率は運が関連
  • 一応属性の概念もあるが、それほど気にしなくてもいい

ステータス解説

  • AP = 攻撃力のこと
  • AC = 防御力のこと
  • DX = 素早さのこと。ACにも影響する
  • WS = 賢さのこと。魔法の威力に影響する
  • LC = 運のこと。命中率や必殺技の発生率に影響する

説明書等を見ても正直このへんの扱いが曖昧なため、当攻略では「攻撃力・防御力・素早さ・賢さ・運」の表記で統一させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^