サージングオーラ ‐ 登場人物 (その他)

スポンサーリンク

セイラ

オープニングに一枚絵で登場するムウの幼馴染。
いかにもヒロインのような雰囲気を発しておきながら、物語の性質上ほとんど登場しません。

時の使い

ムウを過去に飛ばすウサギ…のような、何かとギリギリなキャラクター。

サムニバル

ルフィードのために若い女を次々とさらう太った男。元はハリーフの勇敢な戦士。
バラムの兄であり、ムウにとっても叔父ということになります。ラミを運ぶ行程で様々な人に目撃され、割と好き放題に言われています。

ラミ

ヒドゥの町に住むフランの恋人。宣聖テグリス様の娘。
過去編の開始早々サムニバルにさわられます。

カディム将軍

イルクバハルの将軍。フランの上官。
サギルの砦を警護中、突然現れた魔物に恐れをなして「勇気ある撤退」を敢行します。「臆病者」「小心者」「やさしい男」など評価は様々。

宣聖テグリス

イルクバハルのえらい人。ラミの父親。
語尾が「ぢゃ」が気になりますが、この世界の呪法師には割と多いようです。

オッジ

サラーサの町の船の管理人。
クレアの頼みで船を出してくれます。孫に「おじいちゃんは昔お城にいたんだぞー」的な話をしていたと思われますが、孫の驚きようからしてまったく信じられていなかった模様です。

シルダ

ハリーフの大臣様。
イルクバハルに使者を出した人で、シエテの村では隠し通路の井戸を教えてくれます。

ファルダ王妃

ハリーフに嫁いだクレアの姉。
妹と違っておしとやかな女性です。

ミル

オープニングにも登場する「水の呪法師」。ヌークの幼馴染で後のセイラの母親。
本能のまま行動するタイプのようで、ルフィードに恐れ多くも直談判しに行ったりします。

オーンズ

オープニングにも登場する「大地の呪法師」。シルクの父親でムウの祖父。
ルフィード撃破の実績をムウに取って代わられる、ある意味可哀想なお方。

ルフィード

怪しい雰囲気を持つ本作の大ボス。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^