第2次スーパーロボット大戦 ‐ 機体解説

スポンサーリンク

ガンダム (アムロ)

後のシリーズでは非力なイメージのあるこの初代機も、本作では仕様上なかなか侮れない戦力になってくれます。特に機械獣との相性良し。ハイパーバズーカ等の間接攻撃が欲しかったところです。

マジンガーZ (甲児)

堅めで遅い鉄の城。本作では命中率を100%にする精神コマンドが気軽に使えないため、どうしてもマジンガー系の使い勝手は落ちてしまいます。弱くはないのですけれど。

ゲッター1 (リョウ)

空属性で使いやすい攻撃特化型。単独で先走ってしまわないよう気をつけましょう。ファミコンでこの変形シーンはかなりがんばっていると思います。

ゲッター2 (ハヤト)

変形しても精神ポイントは個別ではありませんが、選択肢が増えるというだけでも十分です。

ゲッター3 (ムサシ)

「大雪山おろし」は高威力。ステージによっては出番も。

アフロダイA (さやか)

序盤の貴重な修理担当。間接攻撃も可能ですが、修理優先であまり使うことはなさそうです。

テキサスマック (ジャック)

瞬く間に離脱します。HAHAHA!

Zガンダム (カミーユ)

第1話クリアでの加入以降、高い素早さで最後まで活躍できる準エースユニット。「ハイパーメガランチャー」を装着してからが本領発揮です。ウェイブライダー状態の「メガりゅうしほう」も序盤の間接攻撃として重宝します。

ゲッターQ (ミチル)

仲間にする手段を模索させたりNPCでやきもきさせたりと、第2話からプレイヤーを疲弊させる人。しかし「ゲッタービーム」はなかなか強力です。

F91 (シーブック)

前作ではνガンダム以上の性能を誇っていた最新機ですが、本作では「ヴェスバー」の射程がなぜか1しかなく、スーパーロボット寄りのリアルロボットのような中途半端な位置付けになっています。ビギナ・ギナの性能を考慮するならもっと素早さがあってもよかったのでは。正規メンバーでは唯一の盾装備機体。

エルメス (ララァ)

序盤からファンネル並の性能を持つ「ビット」が使えるのは大きな魅力。素早さも高く、離脱が本当に惜しい機体。

メタス (ファ)

アフロダイAからバトンを継ぐ修理担当。最低限の素早さもあり、セルフ修理をしながらの囮としても優秀です。早めに「あい」と「テレポート」を習得するのもありがたい。最終的にはなぜか「メガりゅうしほう」を装備します。

サイコガンダム (フォウ)

限られたステージのみの参戦ですが、タフな性能でダメージを気にせず敵を削れるのが利点。

メカ胡蝶鬼 (胡蝶鬼)

間接攻撃はできませんが、空属性と高めの攻撃力は正直マジンガーZよりも頼りになります。

ボスボロット (ボス)

本作では気がついたらいなくなっているくらいの存在感。

ミネルバX (人工知能)

弱くはないのですが、仲間にしてもすぐにいなくなってしまうため活躍のさせようがありません。説得前の困惑しているようなグラフィックのほうが好きです。

グレンダイザー (デューク)

「スペースサンダー」よりも「ダブルハーケン」のほうが威力が高いのはなぜなのでしょう。
精神は「テレポート」を覚えたりもします。

ZZガンダム (ジュドー)

ガンダム勢とは思えないほど素早さが低く、「ハイメガキャノン」は終盤にならないと使えない困った機体。さらにハイメガキャノンもマップ兵器ではないと、正直使いどころが見当たりません。

ミデア (マチルダ)

恒例の守られる輸送機。移動不可のNPCであり、隣接していると修理をしてくれます。

サイバスター (マサキ)

本作唯一のマップ兵器である「サイフラッシュ」は混戦時ほど爽快です。「あい」を覚えるのもgood。ただし耐久力はメタス以下なので要注意。

νガンダム (アムロ)

完全無欠のエースユニット。常に平均以上のレベルを維持することで最強の削り役にもなり、全体的な難易度の軽減にも繋がります。

グレートマジンガー (甲児)

武装はどんどん強化されるのですが、やはりどうにも使い辛い印象。

ゲッタードラゴン (リョウ)

「シャインスパーク」は自軍最高の攻撃力。「ねっけつ」で2発か「きあい」で4発を状況で使い分けましょう。

ゲッターライガー (ハヤト)

移動力を問われる場面では是非。射程3の間接攻撃もあったりします。

ゲッターポセイドン (ムサシ)

「ゲッターサイクロン」は強力なものの、さすがに中盤以降は出番がないかも。

キュベレイmkⅡ (プル)

やや非力ながら「ファンネル」はやはり優秀です。一部の機械獣相手なら再攻撃も可能。

クインマンサ (プル)

キュベレイから素早さは下がるものの、高威力の「ファンネル」と戦艦並のHPは圧巻です。主戦場となる第25話は移動砲台として大活躍してもらいましょう。

ビギナ・ギナ (セシリー)

16話で説得しておけば25話で再び説得することができますが、そのステージ限定のNPCとしかなってくれず、がんばって生存させたところで煙のように消え失せます。高い素早さが惜しい。

戦艦 (ブライト)

ホワイトベース ⇒ アーガマ ⇒ ネェル・アーガマ ⇒ ラー・カイラムという順序で進化します。簡単に再攻撃されてしまうため多少気を使って守る必要がありますが、リセット前提なら中盤までの「メガりゅうしほう」は結構な戦力になってくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^