ソーサルキングダム ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「ソーサルキングダム」は、1992年1月31日にメサイヤより発売されたメガドライブのRPGです。
主人公がカッコ悪いなど正直華がない作品ではありますが、発売時期にしては珍しいレベルの概念のない成長や、一風変わった戦闘方式は割とうまい具合に機能していて、「地味な良作」と評するに相応しい出来となっております。

基本事項

  • セーブは宿屋にて
  • 「ちず」で移動可能
  • お店の商品解説がなかなか凝っている
  • 武器は武器屋、防具は防具屋、道具は道具屋でしか売ることができない
  • 店売りしたアイテムはそのまま店頭に並ぶ
  • もちろん売った分だけしか買い戻すことはできない
  • 初めから店頭に並んでいても在庫に限りがある物もある
  • 装備品の道具使用は壊れることがある
  • 呪いは教会で簡単に解いてもらえる
  • ただし呪いの装備は消え去る
  • 攻撃回数の最高は「10回」
  • 見えにくい宝箱や隠し通路が結構多く存在する
  • 毒以外の状態異常になったことがないかも…?
  • 武器の攻撃力の一桁に「6」や「1」が多いのは、初期攻撃力の「4」を考慮して…?

戦闘システム

本作で何より特徴的なのがこの戦闘システム。
フィールドに敵がうろつく一見シンボルエンカウント風ですが、敵に当たるか当たられる、もしくは画面に敵がいる状態で「たたかう」コマンドを選択すると、そのままの配置で簡易的なシミュレーションRPGへと突入します。

また仲間が増えた場合、行動は順番に行っていくと思いがちですが、実際は十字キーでキャラの選択ができ、要するに同じキャラを連続で動かすことが可能です。

成長システム

前述のようにレベルの概念がなく、能力値は戦闘毎に少しずつと、称号の授与時にそこそこ一気に上昇します。
称号の授与時は全員の能力値が上昇しますが、戦闘毎のほうは基本的に行動を行った人だけが行動の内容に応じて上がるのみ。なので主人公だけを使い続けていると、主人公だけしか強くなりません。

が、本作の場合はそれ前提のバランスになっているとも言えるので、正直それで問題ないと思います。他の仲間は言ってしまえば魔法でのサポート要員みたいなもの。戦闘の入り方だけに気をつけて、主人公一人に前線に出てもらいましょう。装備品も主人公最優先で強化をし、他の仲間は「ホーリースタッフ」や「いのちのゆびわ」でMPを増やす程度で。

称号

称号の推移の一覧です。
下にいくほど上級になっていきます。最後の「ドラゴンスレイヤー」はクリア後のお話。

称号取得時の能力値の上昇は数パターンの中からのランダムです。恐らく「HPが200上がる」パターンが最高だと思います。可能であれば」リセットで吟味を。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^