シルクとコットン ‐ 基本事項

スポンサーリンク

基本的な流れ

新感覚アドベンチャーを謳う本作の基本的な流れは、クリーチャーから情報を集めてMAPポイントを増やし、幾つかの要所で条件をクリアすることの繰り返しとなります。
出現するクリーチャーは、草原・森・水場などのMAPの属性、また時間帯によってある程度決まった範囲の中でのランダムです。遭遇率の差はありますが、特別難しいヤツはいないと思います。

  • 有益な情報が聞ける (音が鳴る)
  • 情報が聞けない or 見当違いの情報
  • 問答無用で戦闘
  • 腕試しを迫られる (拒否しても戦闘になる場合も)

クリーチャーとのやりとりは、だいたい上記の4パターンに分けられます。
どのやりとりになるかもほぼランダムなので、目的の情報を聞けるまではひたすらポイントを訪れるのみです。

また、MAPの画面ではBボタンを押すことで「朝 ⇒ 昼 ⇒ 夕 ⇒ 夜 ⇒ 朝」と時間を進めることができます。上述のように出現するクリーチャーが変化したり、特定の時間帯でしか発生しないイベントもあります。

戦闘

先制の判定は「敏捷」の値で決まりますが、たまにミニゲームで決める場合もあります。
アタックのタイミングについては正直よくわかりません。ゲノムにもよりますし、何も押さなくても成功する場合もあるので…。ガードは早すぎさえしなければ連打でも大丈夫なようです。ただし、これもクリーチャーによります。

どうでもいいのですが

本作のこの「変な動物がいる森」という雰囲気が、個人的にはとある昔の唄を思い出さずにはいられません。
この唄、なんとアルフィーなんですよ。

■ ごあいさつのうた
http://www.youtube.com/watch?v=7gHSHirjwCM

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^