シャイニング・フォース外伝 ファイナルコンフリクト ‐ 登場人物 (仲間)

スポンサーリンク

イアン

職業剣士
転職勇者
魔法リターン (1)
スパーク (4)

本作の主人公。マックスと入れ違いで港町ハッサンにやってきた少年。その正体は…。
これまでの外伝の主人公と基本スペックはほぼ同じで、やはり成長は優秀です。ただ、今作では敵の攻撃が熾烈なせいか、中盤以降は最前線に出すと割と簡単にやられてしまうことも。前に出しすぎないよう気をつけましょう。

ミード

職業騎士
転職パラディン

ハッサンの騎士。マックスの一次遠征メンバーの一人。本作の初戦ではイアンの不在によりリーダーを務めたりも。
特に欠点のない安定した成長を見せます。今作では「バルキリー」が最終的に店売りされるためシルビアと取り合うようなこともなく、広い攻撃範囲が特に終盤で役立ちます。

ペイジ

職業戦士
転職ウォリアー

ハッサンの戦士。マックスの一次遠征メンバーの一人。
転職前こそHPが伸び悩みますが、最終的には十分頼れる主力へと成長します。今作のウォリアーは最終装備の「だいちのおの」で移動距離が伸びるのもグッドです。

ハウエル

職業魔術師
転職ウィザード
魔法ブレイズ (4)
フリーズ (4)
アタック (1)

ハッサンの魔術師。本家の2にも登場します。
初期メンバーお決まりのブレイズ担当と思いきや、フリーズ4を習得するのも彼でした。また、生粋の魔法職にもかかわらず、なぜか三種類の魔法しか習得しない珍しいユニットでもあります。隠しイベントなどで4種類目を習得するのかも?

ナックル

職業モンク
転職マスターモンク
魔法ヒール (4)
アンチドウテ (2)
スリープ (1)
アンチスペル (1)

ハッサンのモンク。マックスの一次遠征メンバーの一人になるはずが、寝過ごして参加できなかったというねぼすけさん。
初期値では魔術師のハウエルよりも攻撃力が低いという有様ですが、その後は割とよく成長し、それなりに使える戦力となります。また、中盤以降シンシアだけでは回復が追いつかなくなってくるため、第二の回復係としても出撃させたいところ。

ソネット

職業アーチャー
転職スナイパー

ハッサンのアーチャーで、マックスの一次遠征メンバーの一人。しっかり者のお姉さん的存在。顔グラは「天外魔境2」の絹に似ているような。
攻撃力は平均的、防御力はそれ以下といったところですが、今作ではレンジャーがいないため、唯一の弓兵として貴重な存在です。リングで補強してあげたいところ。

シンシア

職業僧侶
転職司祭
魔法ヒール (4)
ヘルブラスト (4)
コンフューズ (2)
オーラ (4)

ハッサンの長老の孫娘。「おじいさまー」という台詞が4回くらいあります。
今作では唯一となる生粋の回復系ユニット。なのですが、MPがあまり伸びないという厳しい特徴があり、中盤の回復を一手に引き受けることはできません。ただ、最終的にはオーラ4を2回唱えられるくらいには成長します。オーラ1を習得したら積極的に使用してレベルを伸ばしてあげましょう。「しんぴのつえ」は必ず彼女に。

ルブラン

職業シーフ
転職忍者
魔法かとん (4)
らいじん (4)

盗賊団のボス。顔グラは「新ビックリマン」のディオ・コッキー風。
恐らく本作最強のユニット。攻撃力と防御力が非常に高く、そのうえ武器の射程が1~2であり、さらに転職後は忍術も習得するという抜群の使い勝手を誇ります。確実に頼れる主力となるでしょう。

キッド

職業鳥人
転職バードラー

ビトー国の鳥人。
幼い見た目と、また従来能力の抑えられがちな飛行系にもかかわらず、攻撃力はルブランと並んで最高クラス。今作の飛行系ユニットはただでさえ終盤に重要になってくるので、重点的に育てましょう。

シルビア

職業騎士
転職パラディン

パキャロンの騎士。顔グラはなんとなく「名探偵コナン」に出てきそうな感じ。
成長はミードと大差なく、安定して使っていけます。やはり「バルキリー」を取り合う必要がないのは嬉しいところ。

ジュリア

職業鳥人
転職バードラー

ビトー国の鳥人。
割と早めに仲間になる2人目の鳥人。キッドほどの攻撃力はありませんが、2人セットで別行動させると安定します。今作のバードラーは「しろのリング」が装備できるのも地味に嬉しい点。

エリック

職業竜戦士

ミシャエラの命を狙う竜戦士。
初代作に登場したあのエリオット将軍の息子ということで、初代作の経験者には特に歓迎されそうなキャラクターなのですが、初めから上級職ということもあって、いまいち強くならないのが至極残念なところです。とはいえ、今作は飛行系というだけで使う理由にはなります。

ミント

職業ウィザード
魔法フリーズ (3)
スロウ (2)
スパーク (4)
ソウルスチル (2)

トリスタンでミトゥラ神に仕える敬虔なウィザード。種族は一応キャントール。攻撃の際にシッポをパタパタッと振るのが反則です。
最初からフリーズをレベル3まで覚えている割に、レベル4まで習得するのはスパークのほうでした。当然最終的な攻撃力は最高クラスとなります。

モートン

職業マスターモンク
魔法ヒール (4)
クイック (2)
ヘルブラスト (4)
コンフューズ (2)

神通力のある泉で修行をしていたお茶目なじいさん。
上級職組のためステータスはそれなりも、職業柄か必殺と2回攻撃の発生率が異様に高く、なかなかどうして頼りになります。クイックで簡単にレベルが上げられるのもグッド。

サスケ

職業忍者
魔法かとん (4)
らいじん (4)

隠しユニットその1。バトル16で隠れ蓑の術をしています。
さすがにルブランと比べたら見劣りしてしまうとはいえ、忍者という職業自体が強力なので即戦力として使うには十分です。

リディオン

職業ウォリアー

マックスの一次遠征メンバーの一人。オープニングでは名前の響きと見たのギャップに驚き、仲間になったらウィザードではなくウォリアーということに驚かされました。
最初から上級職のためペイジに比べて見劣りしてしまうのは仕方のないところ。本人も「幽閉されていたおかげで身体が思うようについていかない」と言っています。優秀な「だいちのおの」がひとつしかないのも残念。

コジロウ

職業サムライ

隠しユニットその2。バトル19で隠れ蓑の術をしています。
「こじろうのかたな」はカオスブレーカーよりも強力かつ、道具使用ではヘルブラスト2が発動する優秀な武器。即戦力として十分レギュラー入りが可能です。

マックス

職業勇者
魔法リターン (1)
スパーク (3)

シリーズでは久々の登場となる初代作「神々の遺産」の主人公。
レベル20まで育て上げれば弱くはないのですが、参入後のマップの性質上レベルを上げるのが容易ではなく、「カオスブレーカー」を渡してあげないと武器が市販の「ひっさつのつるぎ」になってしまうのも残念。せめてスパーク4を覚えてほしかった。ただ、主人公の証である「リターン」をちゃんと持っているのは個人的に嬉しい点です。

オッドアイ

職業魔族

バトル21・22にだけスポット参戦する魔族さん。本家「2」ではボスの一人。
攻撃時にはたまに眼を見開いたビーム(「2」で言うオッドアイビーム)で30ほどのダメージを与えることがあります。本陣には加わらず、やられても勝手に復活するので適当に。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^