シャイニング・フォース外伝 遠征・邪神の国へ ‐ 第4章 決戦!サイプレス城

スポンサーリンク

バトル17

加入 ランドルフ (クリア後)
取得 イビルリング (クレリック)

ニックの叔父エドモンドとの対決マップ。
一面森と山だらけのやりにくい一戦です。2人のバードラーはもちろん、テディとドミンゴも楽に移動できるので優先的に出撃を。エドモンドへと続くマップ中央下部と中央右部には数体のゴーレムが潜んでいるため、守備力の低いバードラーが先行してしまわないよう気をつけましょう。

クレリックが落とすイビルリングは呪いの品ですが、道具使用でスパーク2が発動する大変便利な一品です。ウェンディに持たせれば射程が延び、メイフェアに持たせれば攻撃の手が増えます。残念ながらひとつしか入手できません。

エドモンドはうだうだ言っている割にはそれなりに高い攻撃力を持ちます。しかしダントム同様直接攻撃のみなので、普通に守備力の高いユニットをぶつけて対応を。

撃破後、そんなエドモンドを憐れむランドルフが仲間に加わります。

バトル18

取得 バルキリー (デュラハン)

左側にいるデュラハンの片方が騎士系最強の武器バルキリーを落とします。全軍右回りで攻める場合は、ボスのエグゼキューターを先に倒してしまわないよう気をつけましょう。残念ながらひとつしか入手できません。

バトル19

加入 アミーゴ (要発見)
取得 しろのリング (イビルビショップ)
あんこくのけん (宝箱)
アトラスのおの (ゲッペル)

不敵な暗黒騎士ゲッペルとの決戦マップ。
敵の初期配置が非常にいやらしく、下手に突っ込むとアサッシンの挟撃、デモンマスターのフリーズ3にいいようにやられ、ようやく抜け出したところにワイバーンの炎と散々な目に遭わされます。橋の手前でしばらく待機し、ゴーレムとワイバーンを倒してから進んだほうがいいでしょう。

また、右上の宝箱を開けに行く際のキメラにも要注意。キメラにしてもワイバーンにしても防御力無視の炎や吹雪を吐いてくることが多く、2体に連続で攻撃されると大抵のユニットは沈みます。キメラは回避率も高いです。

イビルビショップの落とすしろのリングは何度でも入手可能。道具使用のオーラ2が便利なので、ニックとメイフェアにひとつずつ持たせておくと安心です。

他、敵の数が減ってくると左上と右上の通路からデュラハンの増援が発生します。が、これは特に気にしなくてもいいでしょう。ボスのゲッペルもやはり直接攻撃のみなので大したことはありません。

隠しユニットその2のアミーゴ初期位置すぐの6本の木の一番右を調べると発見できます。
ドミンゴに比べればまだ目印があると言えますが、それでもノーヒントでこれはないよなぁ…。

バトル20

取得 イビルアックス (エグゼキューター)

強化されたフレーベルバズーとの対決マップ。
正面から突っ込むとワイバーンとキメラの挟撃が危険です。全軍右側からの進軍をおすすめします。

ボスのフレーベルは直接攻撃のみ。バズーのほうは広範囲のスパーク2を使ってきますが、誰かで隣接しておくと直接攻撃をしてくることも多いです。もしスパークをやられたら同範囲にオーラやしろのリングを。フレーベルとバズーの両者を倒せばクリア。

バトル21

ラストバトル前哨戦。
まじんさえ倒せばクリアなのですが、ウォルドルが邪魔をしてなかなかすんなりとはいきません。まじんのスパーク3の射程ギリギリで待機していると、そのうちウォルドルのほうが前に出てきます。HPは50と低めなので、先に集中攻撃で倒してしまいましょう。

ラストバトルへは連戦です。HPとMPは回復しますが、ここでの離脱者は参戦できません。まじんのスパーク3とウォルドルのデーモンブレスの両方を食らう展開だけは避けたいところ。デーモンブレスは射程2の中範囲です。

バトル22

加入 ラグ (このマップのみ)

ラストバトル。
まず、ニックはラグからはじゃのつるぎを受け取って装備しましょう。ウォルドルはこのはじゃのつるぎでの一撃を食らわせないとダメージを与えることができません。
タロスもセンチネルも特に強くはないので適当に。ウォルドルはある程度近付くと動いてきて、大範囲へと拡大したデーモンブレスを吹き付けてきます。が、一撃を耐えられるなら特に問題はないでしょう。まずはニックで攻撃し、そのまま集中攻撃で問題なく倒せると思います。

なお、このマップでリターンをするとバトル21からのやり直しになり、ラグもはじゃのつるぎもなかったことになります。はじゃのつるぎを装備していた場合はニックが手ぶらになっているため装備の確認を。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^