いけにえと雪のセツナ ‐ 魔法の基礎

スポンサーリンク

法石の種類

法石にはキャラごと専用の「コマンド法石」と、全員が装備可能な「サポート法石」の2種類が存在します。
このうち、コマンド法石を装備することで使用できるのが「魔法」となります。

法石の装備

キャラ自身の封穴の数と、装備中の「法器」の封穴の数のぶんだけ装備が可能です。
封穴に表示されるアルファベットは装備可能な法石の種類を表します。「C」=コマンド法石のみ、「S」=サポート法石のみ、「A」はどちらも装備が可能。また、キャラ自身の封穴はレベルに応じて以下のように増えていきます。

  • Lv10 … AAC
  • Lv15 … AACS
  • Lv18 … AAAS
  • Lv21 … AAASC
  • Lv24 … AAAAC
  • Lv27 … AAAACS
  • Lv31 … AAAAAS
  • Lv33 … AAAAASC
  • Lv36 … AAAAAAC
  • Lv40 … AAAAAAA
  • Lv44 … AAAAAAAA

連携魔法

クロノ・トリガーでもお馴染みの協力複合技。
特定のキャラと特定のコマンド法石同士の組合せで成立します。「2人連携魔法」「3人連携魔法」があり、後者のほうには最強法石がかかわる上位互換的な「特異版」も存在します。現在の法石の入手状況で使用できるものは「雪世界の記憶」を見ることで、現在のパーティーと法石の装備状況で使用できるものは「パーティ編成」で確認可能です。

昇華

法石に「昇華効果」を付与できるシステム。
戦闘中の魔法使用時に刹那効果を発動させると、一定確率で「昇華」が発生し、戦闘終了時に装備中の法器の「昇華」欄にある特殊効果のうちのランダム1つを付与することができます。主な特徴は以下の通り。

  • 基本はコマンド法石が対象
  • 1つの法石につき10回まで付与可能
  • 一度付与すると消すことはできない
  • 同じ効果でも基本的に重複する
  • 1戦闘ごと昇華の発生は10回まで
  • 発生の有無は戦闘終了までわからない
  • 付与数が多い法石ほど付与率も低下する

なお、「サポート効果」を持つ法器であれば、サポート法石にも昇華効果を付けることができます。具体的にはサポート効果を持つ法器とサポート法石を「2つ以上」装備すると、片方のサポート法石の効果がもう片方に付与できるという寸法です。ただし効果は1/10しかなく、付与率も通常の昇華に比べて低めに感じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^