いけにえと雪のセツナ ‐ 素材のドロップ

スポンサーリンク

概要

本作の魔物は最大12種の素材を持っており、倒し方によってどれを落とすかが決定します。
通常の魔物、つまりザコ敵は「12種すべて設定されている」「種族内で異なるのはレアドロップのみ」という特徴があります。例えばペンギィ系なら、ペンギィ、イワトビィ、コウティと、法石に蝕まれた魔物のホウセキィを含め、4体すべてレアドロップ以外が共通となっています。ただし「雪世界の記憶」の埋まり状況は個別です。
逆にボスは12種すべてが設定されている場合はほとんどなく、大鎌の男のように何もドロップしないパターンも見られます。また、ノーマルドロップ以外が1つでも設定されているボスは例外なく古代遺跡での再戦が可能です。

ファイアキルなどの属性系は、その属性を持つ武器や、エン系魔法の属性付与、その属性を持つキャラの通常攻撃の刹那効果でもOKです。特定の属性に耐性を持つ敵をその属性でキルする場合は、一部の連携魔法などの複合属性で攻撃するか、属性を持つキャラの刹那効果で倒すのがいいでしょう。例えば火に耐性を持つミミィは、キールの刹那込みの通常攻撃(ただしファイアブランド以外)で倒せばファイアキルとなります。

種類

ノーマルドロップ
普通に倒すだけで手に入るドロップ。
レアの場合は入手できないくらいでまず問題はないでしょう。
レアドロップ
確率の低いノーマルドロップ。
レアとはいえ、3~5回に1回は入手できるくらいの確率です。料理でドロップ率を上げることも可能。
オーバーキル
残りHPを大幅に上回ったダメージで倒すと得られるドロップ。
瀕死のところに大技を叩き込めば楽勝です。
ジャストキル
残りHPに近いダメージで倒すと得られるドロップ。
恐らくこれが最も厄介なドロップ種。幸い本作は同条件であればダメージが固定のため、一応調整はやりやすいと言えます。「HP可視化」の法器を常に誰かしらに持たせたいところ。後半になるほど初期の敵が狙いにくくなるので、できれば適正レベルのうちに達成しておきましょう。ただ、達成できずに後半になっても、セツナやキールの最弱武器での攻撃や、キールの「アスピル」を活用すればなんとかなります。冒険者の里で敵を強くしてもらうのも有効です。
ファイアキル
火属性で倒すと得られるドロップ。
キールが加われば無問題。
ウォータキル
水属性で倒すと得られるドロップ。
ジュリオンが加われば無問題。
シャインキル
天属性で倒すと得られるドロップ。
序盤からセツナがいるので無問題。
ダークキル
冥属性で倒すと得られるドロップ。
専門のフィデスが終盤の加入のため、これだけ達成できないパターンが多くなりがちです。一応、加入前でも3人連携の「グランドクロス」や「刹那の軌跡」の刹那効果、シンギュラリティの「属性インフレ」なら達成可能。
クロックキル
時属性で倒すと得られるドロップ。
序盤からクオンがいるので無問題。
セツナキル
刹那システムを発動させて倒すと得られるドロップ。
これも特に問題ないと思いますが、ほかの条件が多く入る状況ではうまく判定されないことがあります。狙うのであれば通常攻撃での刹那が確実です。
デバフキル
敵を状態異常にして倒すと得られるドロップ。
「スロウ」などのダメージを伴わない方法のほうが達成しやすいです。耐性の高いキノコング系や法石に蝕まれた魔物の一部が厄介。確実に狙うなら3人連携の「天光創刻」を用いましょう。
リンクキル
連携魔法で倒すと得られるドロップ。
これもほかの条件が多く入るとうまく判定されないことがあります。狙うならできるだけシンプルな連携で。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^